甘えん坊な2本脚の保護猫 飼い主が床に倒れていたらすり寄ってきて…?

犬・猫 By - GLUGLU編集部 更新:

大好きな飼い主さんが床で倒れていたら、愛猫はどんな行動をとるでしょうか。

YouTubeチャンネル『musubiyori』では、そんな一幕を撮った動画が投稿されています。

倒れている飼い主を見て猫は…

腹痛で床に倒れていたのは、保護猫・エースくんの飼い主さん。どうやら前日に食べたものがよくなかったようです。

いつもと違う様子の飼い主さんを見て、エースくんは…。

「大丈夫?」といっているかのように、飼い主さんに顔をすり寄せるエースくん。

エースくんは、ある理由で脚が2本しかありません。後ろ足を不自由にしながらも、飼い主さんを励まそうと一生懸命に愛を伝えていました。

つらい経験をしてきたエースくん。飼い主さんによると、エースくんは当初4本の脚があったといいます。

飼い主さん

エースは保護された当初は後ろ脚と尻尾がありました。

ただ、保健所に収容された時点でひどいケガをしており、敗血症により脚が壊死してきたところ、手術で脚を切断することで一命を取り留めたとのことです。

おそらく交通事故に遭い、ひどいケガをしていたというエースくん。尻尾は、感覚がないため自分で噛み壊してしまい切断することになったといいます。

そのため、エースくんには洋服が欠かせないのだとか。

飼い主さん

下半身の感覚がないため、自分でお腹を噛みちぎってしまうことがあり、それを防ぐためにお洋服を着ています。

動画にあったような、洋服を脱ぐ時間は1日1回の毛づくろいタイムだそうです。

飼い主さん

毛づくろいが好きなので、1日1回、裸になって毛づくろいタイムを設けています。

排泄が自分でできないため1日2回の圧迫排尿で補助しており、毛づくろいタイムは朝の圧迫排尿の後に行うことが多いです。

飼い主さんによると、「裸の時は、長時間目を離すと危険なので、大体20~30分くらいにしています」 とのこと。

自分の毛づくろいタイムを中断してまでも、床に倒れている飼い主さんに愛を伝えたかったのかもしれません。

飼い主さんは、エースくんのかわいいところをこのように語ります。

飼い主さん

「オス猫は甘えん坊」と聞いたことがありますが、本当にとても甘えん坊な性格で、しかも愛情表現がストレートなところがかわいいと思います。

人が大好きでいつもそばにいて、よくしゃべって話かけてくれたり、なでていると必ず舐めかえしてくれたり、コミュニケーション能力が高いなと感じています。

飼い主さん

先住猫のおむすびちゃんは、ツンデレな性格なので、対照的な2匹の様子に日々癒されています。

つらい過去を持つエースくんですが、今では飼い主さん家族にたくさんの愛情を注いでもらっています。

エースくんが飼い主さんに寄り添っていたのは、もしかしたら倒れている飼い主さんに愛を伝えたかったというより、甘えたかった…のかもしれませんね。

どちらにしても、腹痛はどこかへ飛んでいき、飼い主さんのパワーになったことでしょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

musubiyori

musubiyori

  • チャンネル登録者数:19万人
  • 再生回数: 1億621万4822回
関連ワード

この記事をシェアする