「懐かしすぎる!」「定番のセリフが聞けて嬉しい」 YouTubeで『はねトび』名物企画が復活

お笑い By - GLUGLU編集部 更新:

YouTube動画『【回転SUSHI】はねトびの回転SUSHIが楽しすぎたw』のサムネイル

みなさんは、箸の扱いに自信がありますか。

日常的に使っていても、小さいものや、すべりやすいものをちゃんとつかめる人は、意外と少ないかもしれません。

そんな箸の扱いについて、お笑いコンビ『キングコング』の梶原雄太さんが、自身のYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』で懐かしのゲームに挑戦します。

『回転SUSHI』ゲームに、『チームカジサック』が苦戦!?

『懐かしのゲーム』とは、梶原さんが出演していたバラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)の人気コーナー『回転SUSHI』

電車のおもちゃに乗ってやってくる『お題の食べ物』を箸でつかみ、口に入れることができたら成功です。

失敗した場合、プラスチック製のバットで尻を叩かれるという罰ゲームが待っています…!

梶原さんのほかに、同チャンネルによく出演している、トンボさん、お笑いコンビ『2700』のツネさん、りゅうじさん、じゅん院長さんの5人も挑戦します。

『回転SUSHI』といえば、出演者が外国人風に仮装することが特徴でした。そこで、5人も衣装チェンジ!

・カジカラス(梶原さん)

・トンチェン(トンボさん)

・リュウジカオ(りゅうじさん)

・ジェームスジュン(じゅん院長さん)

・ツネリーニョ(ツネさん)

端に座っていたツネリーニョを見て、カジカラスは「キャラがめちゃくちゃ被ってるじゃねーか!」と小競り合いを起こすなど、波乱のスタートとなりました…!

5人が最初に挑戦したのは、タピオカ

ミルクティーでおなじみの黒い粒は、表面がツルツルとしていて、サイズも小さいので、なかなかつかみづらい1品です。

ちなみに、食材を箸で刺したり、橋の上に乗せて食べたりするのはNG。あくまでも『箸でつかんで食べる』ことがルールとなっています。

このほか5人は、2品目に大豆、3品目にカットしたメロンに挑戦し、最後の4品目では、『はねるのトびら』でも最高難度だったあの食べ物に挑戦。

どんな食べ物だったか、そしてそれぞれの結果については、動画をご覧ください!

【ネットの声】

・電車の中で見てはいけなかった…。面白すぎて、笑いをこらえるのに必死だった!

・『はねるのトびら』が大好きだし、コーナーの定番だったセリフの「笑顔で帰ろう〜!」が聞けて嬉しい。

・懐かしすぎる!カジカラスが出てきた時、『本物』が出てきた感じがして、なんだかすごく嬉しかった。

・『はねるのトびら』世代としては、胸が熱くなる。省略した言葉の正式名称をいうゲームも、みんなでやってほしい!

笑いと驚きがたっぷり詰まった『回転SUSHI』ゲームには、たくさんのコメントが寄せられています。

「自分だったら、つかめるかな…」と思ったら、さっそく家で箸を持ってみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

カジサック KAJISAC

カジサック KAJISAC

  • チャンネル登録者数:245万人
  • 再生回数: 21億1789万8352回
関連ワード
カジサック

この記事をシェアする