ヒカキン、20億ハウスの光熱費が高すぎて水道局から「なんでこんなに…」と心配される

芸能 By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『HikakinTV』のヒカキンさんの写真

2023年8月に、20億円の家に引っ越したことを明かした人気YouTuberのHIKAKINさん。

エントランスホールは25.3畳、リビングは71畳という新居を賃貸で契約したといいます。

新居の中にはプライベートジムや、広さ61畳、縦15m、横2.5mの室内温水プールも完備。

ジムに行かずとも、自宅で健康に気を遣えるのですが、温水プールに使う光熱費などが気になるところです。

HIKAKINさんは、新居の1か月の光熱費を確認。いつもは引き落としになっているため、どのくらい光熱費に使っているか分からないといいます。

エアコン、温水プール、床暖房…と電気を多く使用しそうな新居。HIKAKINさんが絶望した、支払額を予想しながらご覧ください!

HIKAKIN、20億ハウスの光熱費は?

まずは、総務省が発表している2021年度の単身世帯の平均を確認。1か月の光熱費の平均額は1万1383円だそうです。

HIKAKINさんは、プールの水を1~2回入れ替えているため、水道代が怖いのだとか。

いざ、1か月分の光熱費がマネージャーから知らされます。

20億ハウスの電気・水道・ガスの合計は、なんと16万4935円!

内訳は、電気代は約12万円、水道代約4万円、ガス代は比較的安く4千円ほどだったといいます。

光熱費が分かってから家の電気を急いで消しに行くHIKAKINさん。ろうそく1本に火をつけて、動画の撮影を続けることにしました。

マネージャーが水道局に電話して、1か月分の使用量を聞いたところ「なんでこんなに使っているんですか…」と水道局の人が心配するほどだったそうです。

HIKAKINさんは、水道代が高くなったのは「プールの水の入れ替えです」といいます。

また、電気代が高くなっているのはプールの温水や、エアコンではないかと予想していました。

年間で計算すると、光熱費だけで約200万円という計算に。冬は床暖房を使うなど、さらに電気代が増すことも予想されます。

HIKAKINさんは、さっそくろうそく1本を前に、出前で頼んだケバブを食べて電気代を節約。

「ほかでも節約しようかな」「無駄な資源を使わないように」と、光熱費を見て節約を決めたようです。

【ネットの声】

・どれだけ人気でも節約を心掛けているの尊敬する。

・光熱費まで見せてくれるとは思わなかった!

・もっと高いかと思った。かなり意外でした…!

同年11月29日には、チャンネル登録者数1200万人を突破したHIKAKINさん。

節約をしながら、これからも日本を代表するYouTuberとして活躍することでしょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

HikakinTV

HikakinTV

  • チャンネル登録者数:1890万人
  • 再生回数: 127億4119万6486回
関連ワード
ヒカキン

この記事をシェアする