猫に小判? 陶芸家と暮らす黒猫がベッドにしている皿、実はコレすごい作品だった…!

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

陶芸家の中尾哲彰さんは、黒猫のネルソンくんと一緒に暮らしています。

ネルソンくんは、工房の中では監督として作品作りを見守っているのだとか。

しかし、時には中尾さんが作品作りを終えざるを得ない状況になってしまうことも。

YouTubeチャンネル『銀河釉 〈猫と陶芸家〉』に、「本日は、猫災により早期退勤になりました」と投稿された動画をご覧ください。

作品を完成させた中尾さん。しかし、作品を置く場所にはネルソンくんが寝ています。

ネルソンくんを見つめて、悩む中尾さん。出した答えは、ネルソンくんを移動させるのではなく作品の置き場所を変えたのでした。

そして、「今日はおしまい!」と、『猫災』によって早く終えることにしたようです。

ネルソンくんが中尾さんと一緒に暮らすようになったきっかけを、中尾さんの息子さんが教えてくれました。

銀河釉 〈猫と陶芸家〉のアイコン
息子さん

ネルソンは2022年4月2日に生まれて、生後2週間ぐらいでうちに来ました。

父が「黒猫が欲しい」といっていたため、里親サイトを調べて近所の人から譲り受けたのがきっかけです。

銀河釉 〈猫と陶芸家〉のアイコン
息子さん

もともと父は幼い頃から、ずっと猫がいる環境の家で育ったのですが、父が青年期をともに過ごした一番の愛猫が黒猫だったこともあり、ずっと「黒猫が欲しい」と思っていたようです。

ちなみに、中尾家では猫に歴史上の偉人の名前を付けることになっており、『ネルソン』という名前は、顔が丸いという共通点で、南アフリカの大統領『ネルソン・マンデラ』からきているのだとか。

青年期をともに過ごした愛猫もイギリスの首相から『チャーチル』という名前をもらっていたそうです。

猫が陶芸の工房で一緒に暮らすということは…

猫には、『最高級のお皿』などと、いわれても価値が分からないでしょう。しかし、寝心地は品質を裏切らないようです。

ネルソンくんが寝ているお皿のような作品、実は…。

ネルソンくんのベッドとなっている作品は、数々の国から賞をもらったというもの。

ネルソンくんがぴったりフィットしていて、気持ちがよさそうですね。

コメント欄には「このために作られたんでしょ?」「猫が入って完成する作品」「価値を分かっているのかも」などの声が寄せられていました。

工房に猫がいると、作品を壊してしまわないのか心配になりますよね。話を聞いてみると…。

銀河釉 〈猫と陶芸家〉のアイコン
息子さん

ネルソンは基本的に、焼き物を割るようなことはしません。おとなしくて眺めているだけの監督猫なので、無害です。

『新入猫員』のミミは、まだ子供で工房での暮らしが分かってないようなので、怒られながら育ってます。

ネルソンくんは、大人しい性格なので暴れることもほぼなく、工房のこともよく分かっているのだとか。

ただ「焼き物を並べているところに乗るとヒヤヒヤする時もあるので、そういう時は遠くで見守ってもらってます」と話していました。

陶芸に魅了されたオランダ人が修業に…

オランダで、蘭を育てる花農家で働いていたステンさんが、陶芸の道に進むことを決意し、中尾さんの元に弟子入りしました。

同チャンネルでは、ステンさんの成長も見られます。

時には、ネルソンくんが監督になりながらステンさんの修業を見守ります。

2023年11月現在、ステンさんは夫婦で日本に住んでおり、同年6月から修業を始めたといいます。

銀河釉 〈猫と陶芸家〉のアイコン
息子さん

ステンは、趣味がロッククライミングやサバイバルといった自然が大好きな青年でした。そのため、佐賀県の田舎に初めて来た時に、土や火を扱いながら暮らし、ゆったりとした自然と共生する生活が好きになったんだと思います。

その中で、陶芸をやってみた時に、もの作りに魅了されたみたいです。

銀河釉 〈猫と陶芸家〉のアイコン
息子さん

2022年の夏に初めてうちに来て陶芸をして、また同年の冬にも来ました。そのあと、「仕事を辞めて日本に来る」ということで、2023年の6月から日本に来て修業を始めました。

銀河釉 〈猫と陶芸家〉のアイコン
息子さん

彼自身、運動神経がかなりよくて、実際に上達も驚くほど早かったです。できないことができるようになっていくこと、土を通して目に見える形になるのが、ステンにとって喜びや嬉しさにつながったのではないかと思っています。

師匠の中尾さんからの評価は「センスがあって短期間での成長が早いので、これからどんどん伸びていくだろうと期待している」とのこと。

息子さんからも、「何人も陶芸を始めた人を見ていますが、彼の上達ぶりはこれまでに見たことない早さだなと思っています」と絶賛していました。

同チャンネルでは、ステンさんの成長や、ネルソンくんの監督ぶりを楽しむことができますよ。もちろん、中尾さんの作品ができるまでの様子も楽しめます。

ゆっくりと時間が流れる工房の動画は、日常の疲れを癒してくれるかもしれません。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

銀河釉 -gingayu-

銀河釉 -gingayu-

  • チャンネル登録者数:9万8900人
  • 再生回数: 7964万1358回
関連ワード
Pickupクリエイター

この記事をシェアする