ベーコンを包丁なしで切る方法、知ってる? 食品の便利なカットテク

ライフハック By - COLLY 更新:

炒め物などにベーコンを使う時、食べやすい大きさに切ることがあります。脂身の多いベーコンは包丁やまな板が汚れるので、道具を使いたくないと思うことはありませんか。

食品トレーではなくパックに入ったベーコンであれば、キッチンのある場所を使って簡単に切れます。ズボラさんはもちろん、効率重視の人にもぴったりの方法です。

朝日放送テレビが運営するOnnela(OnnelaTV)のYouTubeチャンネルで紹介する驚きのテクニックを、さっそく見ていきましょう。

ベーコンの切り方

ベーコンを切る時に使うのは、包丁でもキッチンばさみでもなく『キッチンカウンターの角』です。

ベーコンのパッケージは開けずに、パックごとキッチンカウンターの角に押し当てましょう。

カットしたい部分を指で押さえつけながら、横にスライドしていきます。キッチンカウンターの角と押さえつけた力により、あっという間にベーコンがカットできました。

ニンジンの千切りが時短になる切り方

きんぴらゴボウやキャロットラペを作る時に、避けて通れないのが千切りです。

工程が多いことに加え、細く均等に切らなくてはというプレッシャーもあり、苦手という人も多いでしょう。

ニンジンの千切りをする時は、まずニンジン全体に斜めに切り込みを入れましょう。切り込みを入れ終わったら、ピーラーで削っていきます。

3等分に切って薄切りにし、細かく切るという、細々した作業をすることなく、短時間で千切りができあがりました。

キュウリを切る方法

キュウリを薄切りにする時に、包丁にくっ付いてしまうことはありませんか。くっ付くたびに包丁から取らなくてはならず、回数が多くなると地味にストレスになります。

キュウリを切る時は、真上から包丁を下ろすのではなく、斜めに下ろすとくっ付きにくくなります。大胆に斜めにする必要はなく、包丁の刃先が少し内側になる程度で構いません。

クリームチーズの切り方

柔らかいクリームチーズも、キュウリと同じく包丁にくっ付く食材です。そのくっ付き具合はすさまじく、まさに『へばり付くレベル』といってもいいでしょう。

クリームチーズを切る時は、包丁ではなくよく乾いたキッチンばさみを使いましょう。

キッチンばさみの刃をキッチンペーパーなどで拭き、クリームチーズの上から垂直にはさみを入れていきます。刃にくっ付かないだけでなく、形を崩すこともありません。

OnnelaのYouTubeチャンネルでは、暮らしに役立つさまざまなライフハックをチェックできます。気になる人は、ぜひほかの動画もご覧ください


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Onnela [オンネラ]

Onnela [オンネラ]

  • チャンネル登録者数:26万2000人
  • 再生回数: 9873万7540回
関連ワード
Onnela時短

この記事をシェアする