ティーバッグが先?お湯が先? ティーバッグで飲む紅茶がおいしくなる方法をリプトンが解説

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

紅茶の写真

寒い時期になってくると温かい飲み物で暖を取りたくなりますよね。

温かい飲み物は、ほっとひと息付けて、リラックスすることもできるでしょう。

お菓子やスイーツ、食事にも合う紅茶。さまざまなフレーバーがあるので、香りも楽しめます。

ティーバッグの紅茶もたくさん発売されているので、お気に入りのブランドがあるかもしれません。

紅茶メーカーの『リプトン』は、YouTubeで自社製品を使って、おいしい紅茶の入れ方を紹介しています。

紅茶のティーバッグは、お湯より先?後?

これまで紅茶を入れる時に、お湯を注ぐ前にティーバッグをカップの中に用意していましたか。それとも、お湯を注いでからティーバッグを入れていましたか。

紅茶のプロはどちらをおすすめしているのでしょうか。早速チェックしてみましょう。

動画はこちら

まずは、カップをお湯で温めておきます。この時使った温め用のお湯は、もったいないですが一度捨てましょう。

そして、プロは沸騰したてのお湯150㎖をティーバッグよりも先に入れていました。

お湯を入れたらティーバッグを静かに入れて、フタをして1分蒸らします。

取り出す時は、軽く揺らしてから取り出しましょう。この時、絶対に絞ってはいけないそうです。

開発担当者は「無理な圧力をかけると雑味成分も出てしまうので、ゆっくりじっくり待つのがおすすめ」と話します。

ティーバッグのパッケージの裏にも、おいしく入れる方法が書いてありますよ。もし、忘れてしまった時は、パッケージの裏も参考にしてみてくださいね。

濃い紅茶が苦手な人は、お湯を追加したり、少し早めにティーバッグを取り出したりするといいとのこと。

ティーバッグで紅茶を飲む時には、手順や時間を意識してみると、これまでとはワンランク上の味わいを楽しめるかもしれません!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Lipton - リプトン

Lipton - リプトン

  • チャンネル登録者数:7510人
  • 再生回数: 269万445回
関連ワード
Lipton

この記事をシェアする