おしゃれなプレゼントを渡す時に試したい! 袋にもボックスにも映えるリボンの作り方

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『東京リボン』の写真

リボンでラッピングをすると、まっさらなプレゼントボックスでも華やかに飾ることができます。

12月はクリスマスがあるので、子供へのプレゼントや、大切な人へのプレゼントにラッピングする機会が多いのではないでしょうか。

1921年創業のリボン・ラッピング資材の専門店『東京リボン』のYouTubeチャンネルから、リボンの結び方をチェックしてみましょう!

『カーリングリボン』、どうやって使う?

リボンの紐をクルクルとできる『カーリングリボン』だと、とてもオシャレに見えますよ。

『カーリングリボン』は力の入れ方で、カールの強さが変わるといいます。

ハサミの背と、親指の間にリボンを挟んでしごくと、カールが出る仕様です。リボンがオシャレになること間違いなしですね!

なお、通常のナイロンのリボンではカールができないそうなので、気を付けてください。

続いて、裂けるタイプのカーリングリボンの使い方がこちらです。

まずは、リボンをカットして、先端部分を裂きます。

反対側も先端部分を裂き、両端が数本裂けている状態にしましょう。

先ほど紹介した動画のように、ハサミの背と指に挟んでカールさせます。

リボンをふんわりと半分に折り、シールでとめるだけで、いつもとはひと味違うリボンデコレーションになりました!

クリスマスにおすすめ!リボンの作り方

こちらは、クリスマスにおすすめのラッピングを紹介しています。

まずは装飾となるネットをカットしましょう。

箱の1周の長さ+30㎝で切り、横幅は箱の幅より少し短めにカット。

ネットを縦半分に1回、横半分に2回に折り、ネットの端10㎝部分から斜めにハサミでカットします。

もう1つ、ネットを20㎝にカットして、さらに半分にしたものを用意。それを縦半分に1回、横半分に3回折りましょう。

先ほどと同様に、ネットの端5㎝の部分から斜めにハサミでカットします。これを2つ作ってください。

ほかに用意したリボンを輪にしてモールでとめましょう。この時、リボンのほうを回すといいのだとか。

続いて別のリボンで輪を作って蝶結びを作ります。この蝶結びの中心に、先ほどのモールでとめたリボンを追加。

もう1本のリボンで、輪が3つの『3ループリボン』を作ります。詳しい手順は動画を見てみてくださいね。

最後に、作ったリボンをまとめれば豪華なリボンが完成しますよ。ここから仕上げまで、あと少しです!

続いて、用意していたネットにリボンを重ね、箱に最初に採寸して切っておいたネットと、リボンを付けたらオシャレなクリスマスラッピングの完成。

赤と緑が入ったリボンを使うことで、よりいっそう、クリスマス感が増しますね。ゴールドのネットを使えば、ゴージャスな印象になります。

特別な日のプレゼントには、オシャレなラッピングに挑戦してみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

東京リボン

東京リボン

  • チャンネル登録者数:1130人
  • 再生回数: 22万9911回
関連ワード
クリスマス

この記事をシェアする