自分で自由にエンボス加工ができる画期的なアイテムも登場! 文具好きがおすすめする商品とは

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『文房具と手帳 - sakura bookmarks 』の写真

メモを取る時のメモ帳、記録をする時のノート、文字を書く時のペン…身の回りにはたくさんの文房具があります。

『文具沼』と呼ばれるほど、一度足を踏み入れたらハマってしまう人が多い文房具の世界。

あなたは、何かお気に入りの文房具はありますか。

近年では便利な文房具から、ハッとするような驚きのアイテムまで販売されています。

YouTubeチャンネル『文房具と手帳 – sakura bookmarks – 』では、投稿者のHIROMIさんが気になる文房具を紹介。

動画を見れば「こんなのがあるんだ!」と、今すぐ文房具を買いに行きたくなるでしょう。

自分でエンボス加工ができる!?

こちらは、『ペーパークリンパー』という商品を紹介した動画です。

紙に凹凸を付けて、自由にエンボス加工できるというもの。使い方を見てみましょう。

金色の紙にウェーブや、ボーダーの凸凹を付けると、とてもオシャレになりました!

普段はどのように使えばいいのかも解説。紙袋をエンボス加工すれば、目を引くこと間違いなしです。

小さなメッセージカードにウェーブの凸凹を付ければ、波のようなデザインにすることもできます。

ほかにも、日常で使う方法を紹介しているので、商品が気になったら参考にしてみてくださいね。

のりの下敷きって、知ってる?

『地味に便利な文房具』として3つの文房具を紹介したのが、こちらの動画。

きっと「もっと早く欲しかった!」と思うことでしょう。

動画内で紹介されていたペーパースタンドは、以前『クリップスタンド』という名前で販売されていたそうです。再販希望の声が相次ぎ、復刻したのだとか。

箱には、保持枚数は10枚までと記載されていますが、実際にどのくらいの枚数を挟めるのか実験をしてみることにしました。

HIROMIさんは、110枚挟むことができましたが、「マネしないでください」とのこと。

たくさんの資料をまとめて置いておきたい場合などに、重宝するでしょう。

以前『クリップスタンド』を愛用していた人は、久しぶりに使ってみてはいかがでしょうか。

また、液体のりの下敷きも紹介されていました。紙の端に液体のりを塗ると、はみ出してしまって、下に敷いていた紙もベタベタになってしまったことはありませんか。

液体のりの下敷きは乾くのが早く、そのまま連続して同じ場所で液体のりを使っても、ベタベタにならないという優れもの。

使用頻度が高く効果を感じられなくなったら、水道水で洗えることもできます。

中でも、ペーパースタンドは、HIROMIさんが2023年下半期に買ってよかったと思った文房具の1つなのだとか。

下記の動画では、2023年下半期に買った180点の中から、TOP10を選んで紹介しています。

文房具好きのHIROMIさんがTOP10に選ぶアイテムは、便利なこと間違いなしでしょう。

文具好きな人はもちろん、「ちょっと興味があるな…」という人にも同チャンネルはおすすめですよ。

動画をきっかけに、文具沼にハマってみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

文房具と手帳 - sakura bookmarks 🌸🔖 -

文房具と手帳 - sakura bookmarks 🌸🔖 -

  • チャンネル登録者数:6万5400人
  • 再生回数: 1210万7200回

この記事をシェアする