30cmのインド刺繡リボンで作るシンプルストラップ 日常使いができて便利!

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜』の写真

豊富なカラー、デザイン、さまざまな大きさがあるインド刺繡リボン。

かわいくて集めている人もいるかもしれません。一方で、かわいすぎて使うのがもったいなかったり、どのように使えばいいか分からなかったりする人もいるでしょう。

普段からよく使ったり、目にしたりするものにすれば、お気に入りのインド刺繡リボンも無駄なく使えるのではないでしょうか。

YouTubeチャンネル『Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜』では、インド刺繡リボンを使ったシンプルなストラップの作り方を紹介しています。

お気に入りのインド刺繡リボンで作りたいシンプルストラップ

動画では、30㎝×3㎝の細長いインド刺繡リボンを使っていましたが、手元にあるサイズに合わせて作ることもできます。

インド刺繡リボン以外に、横がリボン幅の2倍になる裏布を用意してください。その布の上にインド刺繡リボンを固定させていきます。

まず、裏布を半分に折って折り目を付け、その線に合わせて左右を折りましょう。すると、インド刺繡リボンの幅ピッタリのサイズに仕上がります。

リボンが薄かったり、ストラップをしっかりさせたい場合は、裏布に接着芯を貼るといいそうです。

ベルト通し付きキーホルダー金具の中に、インド刺繡リボンと裏布を通し、リボン同士、裏布同士を中表に合わせて縫い合わせます。

縫い代を開いてアイロンをかけ、リボンの縫い目と、裏布の縫い目が反対側に来るように位置を調整してください。

裏布と、インド刺繡リボンは、布用両面テープで仮止めをします。端をミシンで縫うので、両面テープは中央に貼るようにしてくださいね。

1周貼り付けたら、端をミシンで縫っていきます。

金具を固定するために、ミシンで縫い留めてもOKですが、今回はアクセントにカシメを使っていました。

カシメを通す穴をあけ、抜けないようにくっつけたら完成!カシメの代わりにボタンをアクセントに付けるのもいいそうですよ。

ポーチに付ければ、シンプルなストラップでも目を引くデザインになります。

お気に入りのインド刺繡リボンで、作ってみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜

Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜

  • チャンネル登録者数:4570人
  • 再生回数: 45万943回
関連ワード
Flower Crow【フラワークロウ】ハンドメイド

この記事をシェアする