セリアが優秀すぎる! 100均アイテムでできるハンドメイドを3つ紹介

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『*ぴぐりん*Handmade channel』の写真

子供の頃からハンドメイドが好きな、ぴぐりんさんのYouTubeチャンネル『*ぴぐりん*Handmade channel』。

あなたもハンドメイドが好きになるような動画が、たくさん公開されています。

その中から本記事では3つの動画をご紹介!100円ショップ『Seria(以下、セリア)』で売っている材料でできる簡単なハンドメイドばかりですよ。

こちらは、近年注目を集めているインド刺繡リボンを使ったハンドメイド作品の作り方です。

用意するものは、縦横16㎝の表布を2枚、『セリア』で売っているインド刺繍リボン、中布1枚、紐2本です。詳しいサイズなどは動画で確認してください。

表布の1枚にリボンを縫い留めます。表布を中表に合わせて底を縫ってください。

中布と表布を合わせて上下を縫ったら、筒のような形になります。

中央で合わせたら、返し口の紐を通す部分だけ残して、周囲を縫いましょう。裏返したら、手縫いかミシンで返し口を閉じます。

中布を折りたたんでから、紐が入る場所を作り、最後に紐を通せば完成です。

簡単なので初心者でも作れそうですね!

お気に入りのインド刺繍リボンのデザインを見つけて、作ってみましょう。

セリアで売っている畳の縁で?

『セリア』では、なんと畳の縁まで販売されています。

珍しい商品ですが、どのように使えばいいのでしょうか…。畳の縁を使ったスマホポーチの作り方を紹介しています。

このポーチは、散歩やコンビニなど、近場に出かける時に最適なサイズです。

まずは、表布、内布、接着キルト芯、畳の縁を用意します。そのほかDカンやボタンなど、必要な材料は動画をご覧ください。

表布にキルト芯を貼ったら、表布の中央に畳の縁を配置。

ミシンをかけて縫い付けたら、ショルダー紐などを通す場所を作り、内布と合わせて中表に縫います。

返し口を残して全体を縫い合わせたら、全体を裏返しましょう。

少し複雑な工程が挟まるので、よく動画を見てくださいね!

形を整えたら、フタの部分にミシンステッチをかけ、ボタンを付ければ完成です。

『セリア』のカーテンでトートバッグ作り

ハンドメイドに使えるのは、ハギレとして売られている布だけではありません!

ぴぐみんさんは、カーテンをトートバッグにアレンジする方法を紹介しています。

カーテンのほかに用意するのは、クロステープとワックスコード。

布は、カーテン用に作られているので、まずは縫い目をほどいてカットします。布のサイズを整えたら、クロステープと合わせるように持ち手を作りましょう。

トートバッグの本体を作る時は、中表にして縫い合わせ、端も処理。中心に目印を入れたら、持ち手を付けます。

あとは両端を縫い合わせて、袋状にすればOK!最後に紐を通して完成です。

ハギレに理想のデザインがなかったら、カーテンを探してみるのもいいでしょう。

アレンジ自由なハンドメイド。あなたも自分だけの作品を作ってみませんか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

*ぴぐりん*Handmade channel

*ぴぐりん*Handmade channel

  • チャンネル登録者数:3万5200人
  • 再生回数: 580万5305回
関連ワード
100均ハンドメイド

この記事をシェアする