フランスでカーテンの生地を購入する杏 こんなところに日本語が…と、驚いたのは?

芸能 By - GLUGLU編集部 更新:

俳優の杏さんの写真

・私も部屋の模様替えをしたくなった。

・さすが、フランスはかわいい生地がたくさんあるね。

・杏さんが、子供たちに話しかけている姿が新鮮!

YouTubeチャンネル『杏/anne TOKYO』で公開された、1本の動画に、そんな声が上がっています。

2024年現在、フランスに住んでいる俳優の杏さん。子供たちと一緒に、自宅で使うカーテンの生地を探しました。

杏が、子供たちとカーテンの生地選び!

動画はこちら

訪れたのは、パリにあるサクレ・クール寺院の付近。杏さんいわく、この地域には「生地店がたくさんある」とのこと。

最初に入ったのは、有名な画家のゴッホやピカソの作品がモチーフとなった生地も販売されている、手芸店『REINE』です。

杏さんが「めっちゃ気になる」といって手に取ったのは、『古代の芸術』と日本語で書いてある生地。日本の白黒写真のような柄がデザインされ、店内でも異様な存在感を放っていました。

『REINE』では、サロンで使うシンプルな生地を購入。次は『Ameublement Place Saint-Pierre』という店に向かいました。

こちらの店では、子供用のカーテンを見ていきます。杏さんが「夜に寝る部屋だから」と星柄の生地を勧めると、子供たちは「いやだー」とひと言。

どうやら、子供っぽい柄は気に入らないようです。必死に探した結果、アルファベットと動物が描かれた柄と、世界地図をモチーフにした柄に決まりました。

杏さんの寝室には、シンプルかつ美しい刺繍柄の生地を選択し、買い物は終了。

それから1か月が経過し、カーテンが完成しました。飾ってみると、どの部屋もよりおしゃれになったように見えますね。

実際のカーテンの柄を含め、室内の様子は、ぜひ動画でじっくりご覧ください!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

杏/anne TOKYO

杏/anne TOKYO

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億5549万1310回
関連ワード

この記事をシェアする