太川陽介と5年ぶりに再会した、蛭子能収 別れを惜しんだ行動に「涙が止まらない」の声

芸能 By - GLUGLU編集部 更新:

太川陽介と蛭子能収の写真

人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅(以下、バス旅)』(テレビ東京系)で、名コンビとして番組をともにしてきた、俳優の太川陽介さんとタレントの蛭子能収さん。

蛭子さんが2020年7月に、レビー小体病とアルツハイマー病の合併型認知症であることを公表してから、2人は約5年間も会っていなかったそうです。

その後、2024年4月30日に、太川さんは自身のYouTubeチャンネルで、2人が久しぶりに再会した時の動画を公開。

同年5月8日現在、動画は250万回以上も再生されるなど、大きな反響を呼びました。

蛭子能収、太川陽介との会話で涙

同月7日には、その動画の続きとなる後編を公開し、再び注目を集めています。

洋食レストラン『つばめグリル』のハンバーグが好きだったという、蛭子さんのために、同レストランに来た2人。

ハンバーグとサラダを平らげた、蛭子さんは、お腹が満たされ少し眠くなってきたようです。

その様子を見て、太川さんは『バス旅』を収録していた頃を思い出し、「バスの中でいつも寝ていたよ」と軽くからかいました。

蛭子さんが「忘れちゃった」と答えると、太川さんは「いいよ、忘れたら忘れたで」と優しく受け止めます。

久々のトークを楽しんでいる途中、「こうやって時間を使って、ぜいたくすぎる」とつぶやいた、蛭子さん。

蛭子さんの気持ちを汲み取った太川さんは、「もうぜいたくしていいんだから」と返し、「誰も文句はいわないよ?だからぜいたくしてよ」と温かい言葉をかけます。

続けて「たまに奥さんがダメっていうかもしれないけど」といって笑いを誘うと、蛭子さんも頬をゆるませました。

感極まったのか、蛭子さんは涙をぬぐいながら「涙が出てきちゃう。嬉しい」と、5年ぶりに会えた喜びを、太川さんに伝える場面も。

その後も2人は、当時を思い出させるような軽快なトークを続け、店を後にしました。

別れを惜しむ蛭子能収に、太川陽介は…

食後の散歩を兼ね、太川さんは、蛭子さんを施設まで送ることに。

太川さんは「じゃあね蛭子さん、またね」と告げ、蛭子さんも「どうも」と、互いに別れの言葉を交わします。

蛭子さんは施設の中に入るまで、何度も太川さんのほうを振り返り、別れを惜しんでいる様子でした。

太川さんいわく、蛭子さんは、扉の向こうでもずっと手を振り続けていたとのこと。

名残惜しそうにしている蛭子さんを見て「僕は嬉しかったですね」と、喜びを語った、太川さんでした。

5年ぶりの再会を果たした2人に、ファンからはこのようなコメントが寄せられています。

・太川さんと蛭子さんの笑顔、最高でした。これからもたくさん応援します!貴重な動画を本当にありがとう!

・最後、別れたくなさそうに、何度も振り返る蛭子さんの姿を見て、涙が出ます。

・蛭子さん、いつまでもお元気でいてくださいね。

・涙が止まりません。5年経った今でも、太川さんと蛭子さんは最高のコンビですね。

動画の最後で、太川さんは「蛭子さんはこの通り、とにかく食欲があって元気ですから、安心してください」と視聴者に呼びかけました。

認知症を患ってもなお、固い絆で結ばれていた、太川さんと蛭子さんの名コンビ。

そんな2人の仲むつまじいトークの全貌は、こちらからチェックしてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ルイルイちゃんねる

ルイルイちゃんねる

  • チャンネル登録者数:8万3200人
  • 再生回数: 753万8355回

この記事をシェアする