細かい作業の経験はほとんどゼロ 自分の力を確かめるため始めたYouTube動画が大バズり!

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

ミニチュア料理の動画を投稿している、YouTubeチャンネル『Miniature Hieu’s Kitchen』。

ミニチュアと聞くと、飾りで本物ではないといった考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、『Miniature Hieu’s Kitchen』で投稿されている料理は、すべて食べられる本物!

小さな本物の食材を使って料理をしています。

今回は、『Miniature Hieu’s Kitchen』で料理を披露しているHieuさんにインタビューを実施しました!

まずはどれだけ小さいミニチュア料理を作っているのかをご覧ください。

小さい…というより、もはや極小レベル!

包丁を持つ指が、巨人の指のように見えてきます。

2021年11月現在、150本以上ミニチュア料理を投稿しているHieuさん。なぜ、ミニチュアの料理に挑戦しようと思ったのでしょうか。

Hieu

2019年10月頃にYouTubeで、あるミニチュア料理の動画を見て、かわいさと面白さに感動しました。「自分も作りたい」と思い、始めました。

Hieuさんは、YouTubeで見かけた動画から、ミニチュア料理に興味を持ったといいます。

しかし、興味を持っても手先が器用でなければすぐに実践することは難しいはずです。

ここまで、細かい料理ができるHieuさんは、当然、細かい作業に慣れていて手先が器用だったのかと思いきや…。

Hieu

ミニチュア料理と出会うまでは、細かい作業の経験がほとんどありませんでした。このチャンスで自分の器用さがどのぐらいあるか、確かめたいというのも始めた理由の1つです。

なんとこれまで細かい作業の経験はゼロに近い状態!

自分の手先の器用さを確かめるためにも始めたとは、驚きですね。

そんなHieuさんに、これまでで1番難しかったミニチュア料理を聞いてみました。

Hieu

たこ焼きだと思います。直径が5㎜しかないので、火加減とひっくり返す作業が大変でした。

あまりの小ささに固唾をのんで見守ってしまう、たこ焼き作りの様子。

動画を見ている人からも「鼻息で飛んでしまいそう」「すごすぎる」「職人技」といった声が寄せられていました。

これまでにさまざまな料理を作ってきたHieuさん。基本的に材料を先に探してから、料理を決めるといいます。

Hieu

基本材料を先に探して、その材料に合ったレシピを考えて決めています。また彩りがきれいでおしゃれな料理を作るように意識しています。小さくてもちゃんとおいしそうに見えるのが私のコンセプトです。

また、視聴者からよく寄せられているのが、小さな食材。

スーパーで売っていないものは自家栽培するなど、料理を作る前からコツコツと準備しているようです。

Hieu

食材は、ほとんどスーパーで購入するものです。スーパーで売っていない、入手困難なものは自分で栽培しています。小さい材料がない時はお菓子系にシフトすることが多いです。

Hieuさんは、小さな卵やナス、マイクロトマトなどを使用していると明かしました。

またミニチュアだからこそ、経験が大事なのだとか。

Hieu

加熱できる調理道具の入手も難しいですが、材料の配分も普通サイズと異なり、目分量と経験で判断する必要あります。もちろん失敗して、作り直す時もあります(笑)。

今後は複層ケーキのような、難易度の高い料理に挑戦してみたいと話す、Hieuさん。

これからも、Hieuさんの動画に注目したいですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Miniature Hieu’s Kitchen

Miniature Hieu’s Kitchen

  • チャンネル登録者数:46万人
  • 再生回数: 1億3473万8145回
関連ワード
ハンドメイドミニチュア

この記事をシェアする