方言を炸裂しながら公園で遊ぶ2歳児 動画に「何度見ても癒される」「尊い」

育児・子育て By - エニママ 更新:

一気におしゃべりが上手になってくる2歳児。

今まで『まんま』『わんわん』のような簡単な言葉だけを話していたのに、みるみるうちに会話ができるようになり、その成長に感動する人も多いでしょう。

2歳の男の子の、ゆぅくんと祖父である、じぃじの日常を紹介している人気YouTubeチャンネル『見るまえに跳べ』。

2人のコントのような掛け合いや、ゆぅくんの子供らしくかわいい姿が人気のチャンネルです。

今回ご紹介するのは、ゆぅくんが公園の遊具で遊んでいる動画。

2歳の男の子が公園で遊んでいるという動画ですが、ゆぅくんが話す方言やしぐさに虜になってしまう人が続出しています。

こちらをご覧ください!

・落ちたらもしケガするに。

・危ないに。

・足をここに引っ掛けるだに。

東海地方の方言が入った言葉で、実況中継をするように遊ぶゆぅくん。

最後は滑り落ちたようにも見えるのですが、「こうやって降りるんだに」と笑顔のゆぅくんは、母親に「痛かった?」と聞かれても「痛くないよ」と手を振ります。

「それ、絶対痛いやつ…!」と思わずツッコみたくなるようなしぐさがかわいらしいですね。

この動画を観た人からは、たくさんのコメントが寄せられました。

・『痛くないよ』の手がかわいすぎる。何度も見て癒されました。

・びっくりしつつ、「こうやって降りるんだに」って強がるのが本当にかわいい。ただでさえかわいいのに、方言を使うとさらにキュート。

・こんな小さな子が自分の故郷のなまり言葉を使うのが、かわいくて尊い。

じぃじと仲よしのゆぅくんだからこそ、その地域の言葉もしっかり吸収しているのかもしれませんね。

無邪気に遊びながら方言を話す子供のかわいさに、思わずキュンとなる動画でした。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

チャンネル情報

見るまえに跳べ

見るまえに跳べ

  • チャンネル登録者数:65万人
  • 再生回数: 6億7842万7336回

この記事をシェアする