青色だけで絵を描く油彩画家 しかし「青ばっかりじゃなくて赤とか使って」といわれ…

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

油彩画家の宇城聖矢さんのYouTubeチャンネル『ペイント聖矢』。

主に、青色の絵の具だけを使って作品を仕上げています。

青色を使う理由は3つ。『人を落ち着かせたり癒したりする効果があるから』『一色を選んで、技術を極めたかったから』『青の反対色は金色だから』といいます。

しかし、宇城さんの元にはこんなリクエストが届いたのだとか。

青ばっかりじゃなくて赤とか使って。

宇城さんは、そんな視聴者からの声に応えてこのような作品を作り上げました。

赤色の絵の具を使って幻想的な紅葉の景色を描いた、宇城さん。

「紅葉の写真を元に描いてほしい」という依頼があり、「赤も使ってほしい」という発注だったため赤色を解禁したといいます。

宇城さんは、「依頼であれば何色でも使ってもいいとしています」とポリシーを明かしました。

宇城さんの元には、無茶なリクエストがたくさん届きます。ある時には、「割り箸で絵を描いてほしい」といわれ…。

「なんなんだよ!」といいながらも、描いてくれる宇城さん。

割り箸で描くと時間がかかるそうですが、1つの作品を仕上げるのにかかったのは4時間。

素人の感覚だと、4時間で仕上がることが「割り箸なのに、すごい!」と思ってしまいますよね。

「楽しかったし面白かった」という宇城さんは、割り箸で描くことは苦ではなかった様子。

そんな宇城さんに、さらなる挑戦状が届きました。

爪楊枝で描いて!

割り箸の次は、「爪楊枝で描いてほしい」というリクエスト。

しかも、「爪楊枝」と書かれたリクエストは千件以上来ていたというのですから驚きです。

自画像と亡くなった愛犬の写真を元に描いた絵は、爪楊枝で描かれたとは思えないほど美しい作品に仕上がりました。

「楽しかった」と何事もポジティブにとらえる宇城さんに、描けないリクエストはないのかもしれません。

動画には「次はまち針で…」「歯ブラシで描いてほしい」と続々とリクエストが届いています。

宇城さんの限界への挑戦にも注目したいですね…!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ペイント聖矢

ペイント聖矢

  • チャンネル登録者数:41万3000人
  • 再生回数: 6億5688万1806回

この記事をシェアする