ほつれ直しの裏技! 糸を切らずに、目立たなくする方法がこちら

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

ハンドメイドやDIYの動画を投稿しているYouTubeチャンネル『hikari*diy_handmade*』。

服飾大学に通っていた投稿者さんが、初心者でも作りやすいように、型紙がなくても、簡単にできる作品などを投稿しています。

例えば、あなたのタンスに、ほつれやひっかかりがあるニットはありませんか。

目立つところにあると、気になっちゃいますよね。とがった部分や、カバンなどにひっかけてしまい、気付かないうちに、ほつれていることもあります。

ほつれ以外に、気になる点がないと、「これだけで捨ててしまうのはもったいない」と思うでしょう。

ほつれている部分を見つけたら、切ったらいいのでしょうか。しかし、切ってしまうとそこからほつれて、さらに穴が開いてしまうので「切るのはNG」だといいます。

では、投稿者さんがオススメしている、目立たなくする方法を覗いてみましょう!

用意するものは、かぎ針。なるべく細いものがいいといいます。

かぎ針を通して、表に出ている紐を引っかけるようにして裏に持ってくると、どこにほつれがあったのか分からなくなるくらいきれいになります。

縫い針や糸を使わずにできるので、気付いた時にパパっと直せそうですね。

続いては、手縫いで裾上げをする方法です。

まずは、長さを決めてカット。

縦糸を数本すくうようにして縫っていくと、表から見えにくいですよ。糸を引っ張りすぎないように気を付けてくださいね。

投稿者さんに、ハンドメイド初心者が、気を付けたほうがいいことを聞いてみるとこのような回答が返ってきました。

投稿者さん

自分用に作るなら、「同じように完璧に作れなくてもいい」と割り切って楽しむこと!

分からないところがあって、そこでやめてしまうとずっと上達しないので、間違っていてもいいから完成まで仕上げることが大切かなと思います。

ハンドメイドをしたり、リメイクをしたりする時は、針、手縫い糸、ハサミ、ほつれ止め液が最低限あればできるといいます。

これらは100円ショップで手に入るので、用意しておくといざという時に便利でしょう。

『hikari*diy_handmade*』には、バッグを作る方法も紹介されています。オリジナルの作品を作りたい人は、チャンネルをチェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

hikari*diy_handmade*

hikari*diy_handmade*

  • チャンネル登録者数:1万2100人
  • 再生回数: 359万5194回
関連ワード
Pickupクリエイターリメイク

この記事をシェアする