双子のリンコタがかわいい『りとるTWINもんすたーず』 両親からみたそれぞれの性格の違いとは?

育児・子育て By - GLUGLU編集部 更新:

双子のリンタロウくん、コタロウくん、姉のニイナちゃんの成長記録を配信しているYouTubeチャンネル『りとるTWINもんすたーず』。

GLUGLUは、『りとるTWINもんすたーず』に動画を投稿している両親に話を聞きました。

まずは、家族が思う『子供たちそれぞれのココに注目してほしい!』というポイントを聞いてみましょう。

2023年4月現在4歳のニイナちゃんについては…。

両親

イヤイヤ期がなかなか抜けない、もうすぐ5歳になる長女。

とても優しいところもあるが、ダダ(父親)愛が強すぎて、「私のダダ!」と誰にも父親を渡そうとしないお姉ちゃんです(笑)。

家族からの提供写真

同月現在、2歳のリンタロウくんとコタロウくんについては…。

両親

リンタロウは、双子の兄。ちょっとジャイアン気質なところがあって、人が持ってるものをすぐ奪い取るクセがあり、よく弟・コタロウを泣かせています。

頭の回転が早く、物の場所や歌などもすぐに覚えられますが、怖がりで虫や高いところが苦手です。

両親

コタロウは、双子の弟。心優しいコタくんは、持ってるものを欲しがってる子がいると、すぐに渡してあげます。

でも自分が悪いことをすると、なかなか謝れないタイプ(笑)。リンちゃんと反対で怖いもの知らずで、運動神経も抜群。

それぞれの性格や注目ポイントが分かったでしょうか。では、早速そんな3人が登場する動画をご覧ください!

選んだものと違うキャラクターに、双子はどう反応する?

まずは検証企画。

『アンパンマン』に出てくるキャラクターが描かれたお菓子から、自分の好きなものを選びます。

コタロウくんはバイキンマン、リンタロウくんはドキンちゃんを選びました。それぞれリクエストと異なるキャラクターの袋を渡されると…。

最初は気付かず、そのまま持っていく2人。

しかし、リンタロウくんが先に気付き「ドキンちゃんじゃない!」と母親に訴えます。その後、コタロウくんも気付いた様子。

袋を開けてお菓子をばらまいてしまうも、協力してお菓子を拾って食べるところがとてもかわいいですね。

コタロウくんは、お菓子を母親におすそ分けしますが、リンタロウくんはおいしそうに頬張りながら「ダメ!」というところに性格の違いが見られますね。

父親に怒られた双子は、なすり合い!?

双子は、父親に怒られる時はどうするのでしょうか。ふざけすぎた結果、父親から叱責された2人は…。

いたずらの犯人は、弟のコタロウくん。

しかし、すぐには認めず、リンタロウくんがコタロウくんの背中を「この人が犯人です」というように押したり、コタロウくんがリンタロウくんのせいにしたり、なすり合いになっていました。

視聴者からは、「裏切りからの自白がかわいい」「楽しくて幸せそうな家族」「最後は見事なシンクロ」などの声が上がっています。

両親に動画を作る際にこだわっている部分と、大変なところを聞いてみると、このように語っていました。

両親

こだわっている部分は、なるべくリアルを伝えようと努力しています。

「双子はうらやましい」「かわいい」といわれることが多いんですが、育児は楽しいことばかりではないですね。実際はとても過酷で、双子育児をされている当事者へ少しでも参考になるような動画を作るようにしています。

両親

苦労している点は、育児や仕事をしながら動画編集の時間を割くのがなかなか難しいことです。

双子の子育ては、かわいさも2倍ですが大変さも2倍…もしくは、それ以上でしょう。

こちらの動画は、双子がまだ生後7か月頃のもの。3人の子供を育てる大変さがよく分かります。

なかなか寝てくれなかったり、昼寝が短かったり、2回もお風呂に入ることとなったり、育児の大変さが伝わってきますね。

育児系YouTuberは、子供たちの年齢が上がるにつれ顔出しを控えることもありますが、『りとるTWINもんすたーず』も「ずっとは続けられないかも」と思っているそうです。

両親

顔出しの期間は明確には決めていませんが、「ずっとは続けられないな」とは思ってます。

しかし、せっかくたくさんの人に見てもらっているので、何かしらの形には残していきたいとは思っています。

双子のリンタロウくん、コタロウくん、そして姉のニイナちゃんの成長を追える『りとるTWINもんすたーず』。

親戚になった気分で、子供たちを温かく見守りたいですね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

りとるTWINもんすたーず

りとるTWINもんすたーず

  • チャンネル登録者数:6万1800人
  • 再生回数: 6859万32回
関連ワード
Pickupクリエイター

この記事をシェアする