「何かに使えるかもしれないから…」は言い訳にすぎない! 手放すと楽になる捨てるものリスト

DIY・住まい By - GLUGLU編集部 更新:

整理収納アドバイザーの赤工友里さんが、整理収納のノウハウを紹介しているYouTubeチャンネル『かぞく収納CHANNEL / 赤工友里Official』。すごしやすい家づくりのヒントが分かりますよ。

本チャンネルの中から「これを捨てると生活が楽になる!」という、捨てても困らないモノを挙げた動画を紹介します。

捨てても困らないモノって何?

部屋が散らかりやすい原因の1つは、モノが多いことかもしれません。

捨てるモノが分かれば、スッキリ収納しやすくなるでしょう。しかし、勢い余ってなんでも捨ててしまうと後悔することも…。

そんなことのないように、赤工さんの捨てても困らないモノリストを参考にしてみてくださいね。

「何かに使えるかもしれないから取っておこう」「高かったから手放すのはもったいない」というのは捨てられない『いい訳』だと赤工さんはいいます。

モノが多いと、探すのに時間がかかったり、場所が取られたりするため、「いらないモノを持っておくほうがもったいない」と持論を展開しました。

動画ではキッチン、洗面所、クローゼット、玄関、書類と場所別でいらないモノをリスト化。

キッチンや冷蔵庫に、賞味期限切れのスパイスや調味料はありませんか。

お菓子作りにハマっていた頃に使っていた調味料や、一度しか使っていないスパイスなど…。「いつか使うかも…」と思って取っていたかもしれませんが、この機会にスッキリとさせてみましょう。

また、使っていない調理器具や、フライパンや鍋も処分するとスペースが空くかもしれません。

特に便利グッズや専用グッズもキッチンでの使用頻度が低いため、手放すことをおすすめされていました。

クローゼットに、古びた下着などが溜まっていることはありませんか。新しい下着に変えたらテンションも上がることでしょう。

「痩せたら着る」「流行りが来たら着る」という洋服を取って置いてある人は要注意!

きっと、その時が来たら取って置いた服ではなく、新しい服を買うのではないでしょうか。思い切って捨ててみるのもいいかもしれませんよ。

着なかったシーズンの洋服や、パジャマ予備軍が溜まっている人は、衣替えなどの機会に処分を検討してみてください。

書類などの紙も溜まりやすいですよね。見ない取扱説明書はアプリでデジタル化することもできます。デジタルをうまく使って、保管場所の整理をしてみましょう。

ほかにも玄関や、洗面所で捨てられるモノのリストを紹介しています。

季節モノの入れ替えと同時に、一度家の中をリセットしてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

かぞく収納CHANNEL / 赤工友里Official

かぞく収納CHANNEL / 赤工友里Official

  • チャンネル登録者数:9万1600人
  • 再生回数: 1571万35回
関連ワード
かぞく収納CHANNEL整理収納

この記事をシェアする