片付けって、何から始めればいいの? 整理収納アドバイザーが『片付けの悩み』を解消させる

DIY・住まい By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『七尾亜紀子の整理収納レッスン』の写真

「部屋が片付けられない」

「物が多くて、何から手を付ければいいか分からない」

片付けにおいて、このような悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

物があふれていたり、散らかっていたりすると、家にいてもリラックスできない…なんてことも。

簡単な片付けのコツを、整理収納アドバイザーが解説

YouTubeチャンネル『七尾亜紀子の整理収納レッスン』では、整理収納アドバイザーの七尾亜紀子さんが、簡単な片付けのコツを5つ紹介しています。

片付けが進まなくて困っている人は、要チェックですよ!

片付けのコツ1:最大限までハードルを下げる

最初に紹介されているのは、最大限までハードルを下げることです。

いざ片付けをしようと思っても、「仕事や家事に追われてやる気が起きない」「重い腰が上がらない」という人も多いでしょう。

まずは、片付けのハードルを下げて、小さなことでも手を動かすことが大事だといいます。

七尾さんがすすめるのは、『1日1捨て』にチャレンジすること。

1日に最低1つ、なんでもいいので捨ててみましょう。小さく手や頭を動かして、脳内の片付けスイッチをオンにすることがポイントですよ。

片付けのコツ2:小さなところから、手を付けてみる

家中が散らかっていると、どこから手を付ければいいか分からなくなってしまいますよね。

そこで「まずは、目についた小さなところから、手を付けることが大事」という、七尾さん。

おすすめの方法として、『プチ全部出し』を紹介しています。

小さいケースやボックスの中身を全部出し、使用頻度を基準にして、『よく使う1軍』『たまに使う2軍』『あまり使わない3軍』に分けましょう。

仕分け終わったら、3軍の中で、不要な物を積極的に処分します。後は、使用頻度が高い物を、優先的に入っていたケースに戻せばOK。

不要な物が減るだけで、見た目もスッキリと改善されますよ。「自分で片付けられた」という成功体験も、モチベーションアップにつながるのだとか。

片付けのコツ3:「使う物を選ぶ」を意識

「なかなか物が減らせない」というのも、部屋が散らかってしまう原因の1つ。

そんな時は、『捨てる物を選ぶ』よりも『使う物を選ぶ』を意識することがいいそうです。

おすすめの実践方法は、保留ボックスを活用すること。

『プチ全部出し』で3軍に分けた物の中で、処分に迷う物を一旦保留ボックスに入れて、別の場所へ移動させましょう。

それによって、普段使う場所にはよく使う物だけが残り、収納場所の本来あるべき姿が見えやすくなります。

保留の物を分けて集めていくことで、なんとなくとっておいてある物に、スペースが圧迫されていることを実感できるのだとか。

残りの2つのコツも、片付けにまつわる悩みを解決するヒントになりますよ。気になった人は、ぜひ動画で確認してみてください!

【ネットの声】

・片付けが苦手なので、とても勉強になります。

・悩んでいたことがスッキリ解決できました!ありがとうございます。

・この動画を見るだけで、やる気が出てきました!

動画では1つのコツに対し、問題点・考え方・実践方法の、3つの観点で解説してくれているので分かりやすいですよ。

実践できそうな簡単なことから、1つずつチャレンジしていって、スッキリとした部屋を目指しましょう。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

七尾亜紀子の整理収納レッスン

七尾亜紀子の整理収納レッスン

  • チャンネル登録者数:18万9000人
  • 再生回数: 4797万5584回
関連ワード
整理収納

この記事をシェアする