お湯で流してもいい?浴槽に使ってもいい? カビキラーの使い方、実はそれNGかも!

DIY・住まい By - GLUGLU編集部 更新:

カビ掃除をする時に役立つのが、ジョンソン株式会社から発売されている『カビキラー』。

吹きかけて放置しておくだけで、カビを落としてくれるので便利ですよね。

ですが、使い方を誤ると危険なこともあります。『くらしのマーケット』が投稿した『カビキラー』のNG使用の動画を見て、改めて使い方を確認してくださいね。

動画はこちら

お風呂掃除をする時、浴槽に『カビキラー』を使っていませんでしたか。実はこれNGなんです。

浴槽によっては、変色する恐れもあります。『カビキラー』のウェブサイトには、専用のバスクリーナーを使うことが推奨されていました。

また、『カビキラー』をお湯で流すと、独特のにおいがきつくなることがあるそうです。水を使って流すようにしたいですね。

カーテンのカビに使おうと思う人もいるかもしれません。布製品には『カビキラー』ではなく塩素系漂白剤などを使いましょう。

また、酸性の洗剤に重ねて使うのはもっともNG!有毒なガスが発生することがあります。パッケージにも『混ぜるな危険』と書いてありますよね。

『カビキラー』のウェブサイトによると、排水同士は混ざり合っても危険なレベルのガスは発生しないとのこと。混ぜるのではなく、1つの洗剤ごとに水洗いをして使うようにしましょう。

使い方を誤ると、命にかかわることもあるため慎重に取り扱いたい『カビキラー』。

改めて使い方をよく確認してから、掃除してみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

くらしのマーケット

くらしのマーケット

  • チャンネル登録者数:2万5900人
  • 再生回数: 2509万3021回
関連ワード
くらしのマーケット掃除

この記事をシェアする