ギャル曽根「簡単なのにおいしいのが最高」 ママ友から教わった、ジュースで作る濃厚トマトパスタとは

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

パスタをゆでれば、『たらこパスタ』『ミートパスタ』『カルボナーラ』『ペペロンチーノ』などさまざまな味で楽しむことができますよね。

しかし、近年はやっているのは、ゆでるのではなく焼いておこげを作るパスタなのだとか。

中でも人気を集めているのが『暗殺者のパスタ』と呼ばれるメニュー。名前の由来は諸説ありますが、イタリアでは昔からある調理方法だといいます。

ジュースで簡単!『暗殺者のパスタ』のレシピ

タレントのギャル曽根さんは、動画でパスタのレシピを紹介。

前半に紹介しているのが、ママ友から教わったというトマトジュースと野菜ジュースで作る『濃厚トマトパスタ』です。そして後半で、『暗殺者のパスタ』のレシピを解説していますよ。

動画はこちら

『濃厚トマトパスタ』は、オリーブオイルをフライパンに入れ、ニンニクをみじん切りにして香りを出します。

ここで早速、野菜ジュースとトマトジュースが登場!2つをそれぞれ300㎖に計ってからフライパンに入れ、沸騰させます。

あとは、パスタ2束を折って、フライパンに入れたら煮ていくだけ!

ギャル曽根さんは、「乾麺だからトマトジュースを吸うんですよ。めっちゃ濃い!」といいます。

さらにトマトジュースを少し追加したら、色鮮やかな濃厚トマトパスタの完成です。

生クリームをかけたり、バジルと粉チーズを加えたり、さまざまなアレンジで楽しんでみてくださいね。

『暗殺者のパスタ』は、まずピーマン、タマネギ、ウインナーを切ってフライパンで炒めます。火が通ったら、一度お皿に取り上げておきましょう。

パスタはゆでずに、ニンニクの入ったフライパンに直接入れて、焦げ目を付けていきます。パスタに焦げ目を付けるという発想が新しいですよね。

水、トマトジュース、ケチャップ、みりん、塩の入ったスープを、こまめにフライパンに入れて味を付けます。

最後にお皿に上げておいた具材を戻したら完成です。

「麺がもちもちしている」「簡単なのにおいしいのが最高」と話すギャル曽根さん。

料理で余った野菜ジュースと、一緒に食べるのもいいかもしれませんね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」

ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」

  • チャンネル登録者数:66万1000人
  • 再生回数: 1億3478万2938回
関連ワード
ギャル曽根

この記事をシェアする