「ここまで簡単にできる『しぐれ煮』は見たことがない」 余ったあのタレが大活躍!

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

すき焼きをした後、すき焼きのタレが余ることはありませんか。

甘辛い味付けがすでにできているすき焼きのタレ。「何かに生かせないかな」と思ったことがあるかもしれません。

YouTubeチャンネル『Grand Chef MATSUO 松尾幸造』で活動している松尾幸造さんは、東京都渋谷区に本店を構えるフレンチレストラン『シェ松尾』の元オーナーシェフ。

そんな松尾さんが、すき焼きのタレを生かして作る『牛肉のしぐれ煮』のレシピを紹介しました。

まずお湯を沸かして、牛肉をサッと湯通しします。

「これからフライパンで火を通すのに?」と思うかもしれません。しかし、この手間によって余分な脂肪を落として、柔らかく仕上がるのだとか。

フライパンに、すき焼きのタレ、料理酒、水、ショウガを入れたら沸騰させてアルコールを飛ばします。

その後、湯通ししたお肉を絡めましょう。煮詰めすぎると辛くなってしまうため、煮汁が残る程度が目安なのだとか。お皿に盛り付ければ完成です!

すき焼きのタレを使っているので、味付けが簡単で嬉しいですね。

【ネットの声】

・プロが市販の調味料を使って教えてくれるのが神…!

・こんなに簡単とは思えないほど、味もおいしかったです。

・罪深いおかず!ここまで簡単にできる『しぐれ煮』は見たことがない。

冷蔵庫に余っているすき焼きのタレを見つけたら、ぜひ作ってみてくださいね!

松尾さんのレシピをもっと見たい人は、こちらもあわせて参考にしてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Grand Chef MATSUO  松尾幸造

Grand Chef MATSUO 松尾幸造

  • チャンネル登録者数:52万7000人
  • 再生回数: 5939万2044回
関連ワード
Grand Chef MATSUO 松尾幸造

この記事をシェアする