「1つ残らずためになる」 千切りキャベツをパリッとさせる切り方と、1週間の保存方法をプロが伝授

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

東京都渋谷区に本店を構えるフレンチレストラン『シェ松尾』の元オーナーシェフで、2020年からYouTubeチャンネル『Grand Chef MATSUO 松尾幸造』で活動している松尾幸造さん。

国内のホテルやレストランに勤務後、ヨーロッパで働いた経験を持つ松尾さんの包丁さばきは、見ているだけでも楽しめます。

そんな松尾さんが、基本的なキャベツの千切りの方法を紹介しました。すると、200万回以上再生され、高評価数はなんと10万件以上!

「キャベツを切っただけなのにかっこよすぎる」「一瞬でファンになった」などの声も上がった動画をご覧ください。

まずキャベツを半分に切ってから水洗いをします。葉の間に水が残っていると、切った後に水を吸ってパリッとするのだとか。

芯を取り除いたら、内側部分を先に千切りしていました。残りの部分は上から押すと、切りやすくなるそうです。

松尾さんは、見事な千切りを披露していましたが、苦手な人はスライサーを使ってもいいといいます。

残りが少なくなってきたら、内側の部分を取り出して切っていくといいそうです。切った後は、ビタミンが流れてしまうため洗わないようにしましょう。

キャベツ1個分を切った様子を見て「こんなに食べられない!」と思った人もいるかもしれません。

でも大丈夫、松尾さんはちゃんと保存方法も紹介してくれています。

濡らしたキッチンペーパーを上からかぶせておけば、冷蔵庫で約1週間保存できるそうです。

【ネットの声】

・熟練感と渋い声がたまらん。こんな素敵な人になりたい。

・1つ残らずタメになる!目からウロコの情報でした。

・自分の千切りとは別物だった…すごい。

松尾さんは、基礎だけでなく、プロの味を一般の人にも分かりやすく紹介しています。料理の味をワンランク上げたい人は、こちらの記事も参考になりますよ!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Grand Chef MATSUO  松尾幸造

Grand Chef MATSUO 松尾幸造

  • チャンネル登録者数:51万8000人
  • 再生回数: 5856万5035回
関連ワード
Grand Chef MATSUO 松尾幸造キャベツ

この記事をシェアする