爆笑必至! 聞けば聞くほど、クセになる『女々しくて 2023流行語ver.』

音楽 By - GLUGLU編集部 更新:

ゴールデンボンバー流行語2023ver

2023年11月2日、『「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞』の2023年ノミネート30語が発表されました。

流行語大賞の話題が出ると「年末だな」と感じる人もいるかもしれません。

同時に、流行語大賞の話題が出ると恒例となっているのが、エアーバンド『ゴールデンボンバー』の『女々しくて』忘年会カラオケ用アレンジです。

これは、『ゴールデンボンバー』のメンバー・鬼龍院翔さんが、自身のヒット曲『女々しくて』を忘年会カラオケ用にアレンジする企画。

話題になったワードを散りばめ、この1曲で2023年を振り返ることができるような替え歌になっています。

2022年も、『女々しくて 2022流行語ver』を作成していた鬼龍院さん。

2023年はどのような替え歌になったのでしょうか。

動画の概要欄には「なるべくネガティブなワードは避けておいたので、御家族親戚の集まりでも歌いやすい内容となっております」と書かれています。

動画では制作の様子も見られますが、替え歌を先に見たい人は8分55秒からご覧ください!

『女々しくて』を2023年バージョンにアレンジ

テレビアニメにもなった、漫画『推しの子』のアイに扮した姿で熱唱する、鬼龍院さん。

2023年バージョンの出だしは、「ひき肉です ひき肉です ひき肉です ウケたよ~」でした。

「君とオトナブルー踊りたい」「愛冷めたね蛙化現象」など、話題になったワードがさまざまなところに出てきます。

そして、2023年は、ワールド・ベースボール・クラシックで日本が優勝。

その際に出た大谷翔平選手の名言「憧れるのをやめましょう」や、パフォーマンス「ペッパーミル」なども散りばめられていました。

また、SNS『Twitter』の名前が『X』に変わり、利用者から混乱の声が上がった2023年。

「青い鳥Twitter今の名はもう Xで Xで Xでいいづらいよ~」と、『X』の名称問題も織り込まれています。

ゴールデンボンバー流行語2023ver

聞けば聞くほど、クセになる『女々しくて 2023流行語ver.』。

カラオケ店『JOYSOUND』『DAM』での配信もあるので、覚えて歌ってみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ゴールデンボンバー公式

ゴールデンボンバー公式

  • チャンネル登録者数:42万1000人
  • 再生回数: 3億1423万816回

この記事をシェアする