「これを食べたら絶対にサバ缶が好きになる」 箸が止まらない『焼きサバ缶のとろろがけ』とは

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『東京つまみキッチン』の写真

ツナ缶と比べて、サバ缶は苦手という人もいるかもしれません。

しかし、常備しておける缶詰は便利なので、料理に使いたいですよね。

YouTubeチャンネル『東京つまみキッチン』の投稿者さんも、缶を開けた瞬間の独特な香りなどからサバ缶が苦手だといいます。

ですが、そんな投稿者さんが「これを食べたら絶対にサバ缶が好きになる」と太鼓判を押すレシピがあるのです。

それが、『焼きサバ缶のとろろがけ』。作り方を早速チェックしてみましょう。

「本当にサバ缶!?」というほどウマい!

サバ缶は水気を切り、食べやすい大きさにしてフライパンに並べます。水気が飛ぶことで、独特の臭みを取ることができるのだとか。

米油を加えて両面焼いたら、お皿に移して冷蔵庫で冷やしておきましょう。

山芋はすりおろし、ショウガはみじん切りにしておきます。ショウガはチューブのものを使ってもいいそうです。山芋は、長芋でも大丈夫だといいます。

山芋、ショウガ、水、白だしを混ぜ合わせたら、こちらも冷蔵庫で冷やしておきましょう。

続いて付け合わせの薬味を作ります。ミョウガの茎の部分を外してから、千切りすると切りやすいですよ。

万能ねぎも切ったら、ショウガと混ぜて水にさらし、えぐみを取ります。

冷しておいたサバに、とろろをかけて、薬味を添えれば『焼きサバ缶のとろろがけ』の完成!とろろにサバを絡めていただきましょう。

「本当にサバ缶!?」というほどおいしいそうです。途中、ワサビチューブとポン酢を混ぜて味変をする様子も。

動画では、今回のレシピでは使わなかった部分の使い道や、ライフハックなども紹介していますよ。

このレシピで、サバ缶をおいしく食べてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

東京つまみキッチン

東京つまみキッチン

  • チャンネル登録者数:1万7000人
  • 再生回数: 226万9963回
関連ワード
東京つまみキッチン

この記事をシェアする