「すっげー!!」「絶対やる」 トイレの手洗い場、実は家にある『アレ』でピカピカに

DIY・住まい By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『お掃除職人きよきよ』の写真

トイレ掃除をしていて、つい見て見ぬふりをしてしまいがちな、タンク上の手洗い場の汚れ

よく見てみると、黒や白、黄色など、さまざまな汚れが付いていませんか。これらの汚れは、家にあるもので簡単にピカピカになりますよ!

YouTubeチャンネル『お掃除職人きよきよ』では、家にあるものでできる、トイレの手洗い場の掃除方法を分かりやすく紹介しています。

アレでぴかぴか!トイレの手洗い場の掃除方法

まず用意するのは、中性の台所用洗剤とプラスチック製のスポンジ。

100円ショップやホームセンターなどで手に入る、プラスチックの集合体でできているスポンジは、傷が付きにくいといいます。投稿者のきよきよさんは『プラスポ』と呼んでいました。

トイレのレバーを引いて水を流しながら、洗っていきます。台所用洗剤と『プラスポ』でこするだけで、手あかやホコリがかなりキレイになりました!普段のお手入れは、この作業だけで十分だとか。

しかし、長年放置しておくと、水が通る穴の部分や、水が出る部分のまわりなどが黒くなっていることも…。これらはカビや水あかで、中性洗剤ではなかなか落としきれないそうです。

汚れが気になる人は、家にあるトイレ用洗剤などを使ってピカピカにしていきましょう!カビ汚れには、塩素系洗剤が効果的だといいます。

便器の黒い輪っかの汚れなどもカビの可能性が高いため、同じ塩素系洗剤でいいとのこと。動画では少しとろみのある洗剤『ドメスト』を使用していました。

台所用洗剤や『ドメスト』は、本来の用途と異なるため自己責任ということを認識しておきましょう。

それでも落ちない汚れは、水あかの可能性が高いです。水あかは『サンポール』などの酸性洗剤でよく落ちますが、塩素系洗剤と混ざると有毒ガスが発生して危険!

塩素系洗剤をしっかり洗い流したのを確認してから、酸性洗剤を使ってくださいね。汚れをこすりとるヘラなどのアイテムがあると、さらに楽にキレイになりますよ。

また、酸性洗剤は金属を傷めて黒く変色させてしまう恐れがあるので、長時間つけないように注意しましょう。

実は、便器の中を洗う洗剤と、手洗い場を洗う洗剤は同じでいい」と明かしてくれた、きよきよさん。

場所によっていろいろな専用洗剤が売られていますが、水あかやカビ、ホコリなど、同じ性質の汚れであれば、わざわざ洗剤を買い分ける必要はないのは助かりますね!

家にある洗剤だけで新品のようにピカピカになる、トイレの手洗い場の掃除方法。

あなたも早速キレイにしたくてウズウズしてしまったのではないでしょうか。動画を参考に早速やってみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

お掃除職人きよきよ

お掃除職人きよきよ

  • チャンネル登録者数:34万5000人
  • 再生回数: 5566万6088回
関連ワード
お掃除職人きよきよ掃除

この記事をシェアする