寒~い冬はスマホの充電に要注意! なぜなら…

ガジェット By - GLUGLU編集部 更新:

冬にスマホを使うイメージ写真
※写真はイメージ

寒いところでスマートフォン(以下、スマホ)を使っていたら、バッテリーの減りが早く感じたことはありませんか。

実は、気のせいではなく、寒いとスマホのバッテリーの減りは早くなるのは本当だといいます。

気温25℃と、−10℃の環境では、バッテリーが落ちるまでの時間が、なんと2倍も異なるのだとか!

しかし、「寒いと電池の持ちが悪くなるから…」といって、無理やり温めるのはもっとNGです。

家電量販店『ノジマ』が、間違ったスマホの寒さ対策について紹介しています。もし、同じような間違った寒さ対策をしていたら、今すぐやめましょう!

冬はスマホの充電の減りが早い!?対策は…

寒すぎる環境では、充電式リチウムイオン電池内部の抵抗が大きくなり、電池の持ちが悪くなるそうです。

iPhoneの場合、最適な温度は16~22℃だといいます。

0℃以下や、35℃以上になると、バッテリーの損傷の可能性があるということを知っていましたか。

カイロと一緒にスマホを入れて、温めるのはNG!カイロの熱が、スマホの適正温度を超えてしまいます。

ストーブなどで温めるのもNG。スマホ内で結露してしまい、故障の原因になります。

屋外でスマホが冷えないように、ポケットやカバンの中に入れるのがいいのだとか。

また、動画の後半では、バッテリーの消耗を抑える方法も紹介していますよ。

普段、あまり寒くない環境で生活している人は、旅行で寒い場所に行った際に、モバイルバッテリーなどを忘れないようにしましょう。

適切な寒さ対策を知って、スマホに負荷がかからないようにしたいですね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ノジマ【公式】チャンネル

ノジマ【公式】チャンネル

  • チャンネル登録者数:2万2500人
  • 再生回数: 1923万8225回
関連ワード
ノジマ

この記事をシェアする