使い方はカップ麺をのせるだけ! 自作のタイマーに「天才」「超かっこいい」

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『からくりすと』の写真

YouTubeチャンネル『からくりすと』では、チャンネル名のとおり、さまざまなからくりを持つアイテムを製作し、紹介しています。

小学生の頃、図画工作の授業で、簡単なからくりを使ったアイテムを作った人もいるかもしれませんね。

『からくりすと』で紹介されるアイテムのレベルはすさまじく、動画には「マジですごすぎる」「超かっこいい」「天才」などの声が多数寄せられています。

即席カップ麺の自重で動く、3分タイマー

紹介するのは「有名な即席カップ麺の重さで動く、3分タイマーを作ってみた」という動画です。

どういうことか知りたい人は、以下の動画をご覧ください!

動画は「即席カップ麺をおいしく作るタイマーを、作っていこうと思います」という、投稿者さんの説明から始まります。

具体的には、お湯を入れた即席カップ麺400gの重さで、3分間計測できるタイマーを作るのだとか。

動力は、即席カップ麺自体の重さです。

まずは3Dプリンターでデータを設計し、印刷して組み立てていきます。

印刷した部品数は、全部で73。組み立てる様子は、さながらプラモデルのようですね。

私たちがイメージするタイマーとは異なる印象の完成品ですが、カップ麺をのせて3分間経つと「チンッ」と鐘が鳴りました。

ネット上では「インテリアとして欲しいくらいに見た目もいい」「遊び心あふれるタイマーだ」など、絶賛の声が寄せられていました。

こんなユニークなタイマーで、ラーメンを作る3分間を測れたら楽しそうですね。

興味がわいた人は、ぜひほかの動画もチェックしてみましょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

からくりすと

からくりすと

  • チャンネル登録者数:7万7500人
  • 再生回数: 773万2340回

この記事をシェアする