日々の掃除をラクにするためにも! 引越し前に『やっておくべきこと』を収納アドバイザーが解説

DIY・住まい By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『uchilog(ウチログ)』の写真

3~4月は、就職や進学によって新生活を始める人が多いでしょう。

家を決めて引っ越しの手続きをしたり、家具や家電を買いそろえたりと、さまざまな準備が必要です。

ただ、引っ越し先でも、やっておくべきことがあるのをご存じでしょうか…。

引っ越しが決まったら見て! 新居でやるべきことを紹介

グラフィックデザイナーであり、整理収納アドバイザーとしても活動するTSUNさんのYouTubeチャンネル『uchilog(ウチログ)』。

同チャンネルでは、引っ越す前にやっておいた方がいいことや、TSUNさんがやらなくて後悔したことを、実体験をもとに紹介しています。

暮らし始めた後の、日々の掃除をラクにするためにも、これから引っ越しを考えている人は要チェックですよ!

新居でやるべきこと1:カーテンの寸法を測る

最初に紹介したのは、カーテンの寸法を測ること。あらかじめ用意しておかないと、引っ越し当日に部屋の中が丸見えになってしまいます。

引っ越し日が決まったら、当日に間に合うよう事前に購入しておきましょう。

新居でやるべきこと2:掃除をしておく

TSUNさんいわく、引っ越し先で業者によるクリーニングがされていても、半日作業しただけで靴下が真っ黒になってしまったそうです。

そのため、家具を入れる前に、一度掃除をしておくといいですよ。

何も入っていない空の状態であれば掃除がラクなので、クローゼットやキッチンの収納なども、お手入れをしておきたいですね。

新居でやるべきこと3:水回りをコーティングする

水回りの汚れを防止するために、撥水スプレーでコーティングをしておきましょう。

水を弾くことで、水垢も付きににくくなるため、シンクがきれいなうちに対策しておくのがポイント。

新居でやるべきこと4:各所にフィルターを貼る

トイレや脱衣所、キッチンなど、各部屋に設置されている換気扇に、フィルターを貼るのも、やっておくべきことの1つ。

何もしない場合は、掃除機での掃除が必要になりますが、フィルターを貼っておけば交換するだけで済みますよ。

新居でやるべきこと5:汚れ防止のマスキングテープを貼る

風呂場のドアレールや、洗面所やキッチンのコーキング部分に貼っておきましょう。

フィルター同様、汚れたら貼り替えるだけで掃除が完結します。

特に、コーキング部分は汚れがこびりついたり、変色したりするもの。汚れ防止はもちろん、お手入れも簡単になるので、マスキングテープは貼るようにしたいですね。

動画には「参考になります!」「もっと早くこの動画を見たかった」といったコメントが寄せられていました。

後半では、TSUNさんが引っ越しの時にやらなくて後悔したことや、多くの人が警戒をする、あの害虫の対策方法なども紹介していますよ。

今後引っ越しを控えている人はもちろん、いつも部屋をきれいに保ちたい人も、ぜひ動画を見てみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

uchilog(ウチログ)

uchilog(ウチログ)

  • チャンネル登録者数:12万4000人
  • 再生回数: 3783万4859回
関連ワード
uchilog引っ越し

この記事をシェアする