食器はどうやって包めばいいの? ヤマト運輸が教える『荷造りのコツ』がためになる

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

皿を梱包している写真
※写真はイメージ

引っ越しをする時に、避けては通れない、荷造り。

特に皿やグラスなどの割れ物は、丁寧に梱包をしないと、傷が付いたり割れてしまったりする恐れがあります。

せっかく買ったお気に入りの食器が、割れてしまったらショックですよね…。

ヤマト運輸株式会社は、YouTubeチャンネル『ヤマトグループ 公式チャンネル』で食器類の梱包方法を紹介しています。

正しい梱包方法を知らない…なんて人も、意外といるのではないでしょうか。引っ越しを控えている人は、要チェックですよ!

動画はこちら

今さら聞けない! ヤマト運輸が教える『食器類の梱包方法』

皿やグラスなどの割れやすい食器を送る時は、新聞紙やエアーキャップなどの緩衝材で1つずつ包みましょう

鍋やティーポットなどのフタがあるものは、本体とフタを、別々で包むようにしてくださいね。

緩衝材で包んだら、ダンボールに詰めていきますが、ここにもポイントがあります。

ダンボールの底面に緩衝材を敷き詰めたら、横にして重ねるのではなく、立てて入れましょう

食器類をすべて詰め終わったら、後は動かないように、隙間に緩衝材を入れて固定すれば終了。

引っ越しだけでなく、食器を家族や友人に送る時にも応用できそうですね。

食器類を傷付けることなく、新居に運んでもらうためにも、覚えておいて損はないでしょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ヤマトグループ 公式チャンネル

ヤマトグループ 公式チャンネル

  • チャンネル登録者数:7万6900人
  • 再生回数: 4264万6269回
関連ワード
ヤマト運輸(クロネコヤマト)引っ越し

この記事をシェアする