お皿・茶碗を梱包する方法って? 引っ越しのコツを日本通運が解説

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

皿の梱包の写真
※写真はイメージ

引っ越し作業は大変なことが多いですが、中でも荷造りは特に苦労するのではないでしょうか。

荷物を一度に運ぶため、ダンボール箱に入れて運ぶのが一般的ですが、皿や茶碗などの割れ物を梱包する時は注意を払いますよね。

なるべくかさばらず、安全に運ぶためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

引っ越しサービスを提供している日本通運株式会社(以下、日本通運)は、自社のYouTubeチャンネルで、食器類を梱包するコツを紹介しています。

お気に入りの皿や、大切に使ってきた茶碗などを傷付けないために、荷造り中の人や、これから荷造りをする人は、チェックしてみてくださいね。

お皿の包み方・梱包方法を動画で解説

動画はこちら

まずは、平らな皿から。布の上に皿を置いて、四方を折りたたんだら裏返し、折った面を伏せておきます。

茶碗などの底が深い器の場合も、四方から折った布を詰め込むようにしたら、後は同じ。

ダンボール箱に食器類を梱包する時は、丸めたクレープ紙か新聞紙を敷き、大きなものから入れます。

同じ大きさのものは重ねても大丈夫ですが、軽いものが上のほうになるようにしてください。

また、入れ終わった後も隙間が空いていたら、クレープ紙または新聞紙で調整しましょう。

住む場所が変わっても、自分らしい住空間にするために、日本通運の動画を参考にしながら荷造りしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

NIPPON EXPRESSホールディングス 公式チャンネル

NIPPON EXPRESSホールディングス 公式チャンネル

  • チャンネル登録者数:1万7200人
  • 再生回数: 428万2689回
関連ワード
引っ越し日本通運

この記事をシェアする