これ知ってる? 現場職人が実際に使っている便利なロープの結び方

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

現場職人として仕事で役立つ結び方や、ロープワークを紹介しているYouTubeチャンネル『ひとり親方ロープワークROPEWORK』。

キャンプなどのアウトドアや、もしもの時に使える結び方など、現場職人ではない人にも役立つ情報を得ることができます。

こちらは、荷物を紐で結んでまとめる方法。

キャンプ用品や、かさばる上着などをまとめる際に、この方法を覚えておくと便利ですよ!

この結び方は、四角い物や平面の物よりも、丸い物や弾力のある物を結ぶ際に向いているといいます。

ほどきたい時は、紐を引っ張れば一瞬でスルリと結び目が取れますよ。「固く結びすぎてほどけない」ということがないのでいいですね。

続いて、紐で輪を作るループの使い分けを紹介するこちらの動画をご覧ください!

一発でほどける、『アングラーズループ』。紐やロープの中間で輪を作る、『バタフライノット』。

キャンプなどでも使えるロープの端に輪を作る、『逆もやい』と、『ダブルドラゴンループ』。

それぞれの用途に合わせて、紹介した結び方を実践してみてくださいね。

最後は、引っ越しや、荷物を固定する時に使える『トリッキー南京』という結び方です。

安全のためには、固定している紐が外れないようにすること。

そのために、投稿者のひとり親方さんは、『南京結び』から『トリッキー南京』に結び方を変更したといいます。

特に素人が、引っ越しなどでトラックに物を固定する時に紐を使う場合、物が落ちないように安全に気を付けることが大切です。紐が緩まない結び方を参考に、安全や周囲に配慮しましょう。

『ひとり親方ロープワークROPEWORK』には、さまざまな結び方が紹介されているので、自分の用途に合った動画を探してみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ひとり親方ロープワークROPEWORK

ひとり親方ロープワークROPEWORK

  • チャンネル登録者数:28万1000人
  • 再生回数: 6402万5684回

この記事をシェアする