引っ越しの時、カップの梱包どうしてる? 日本通運が『割れにくい梱包方法』を解説

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

カップの梱包の写真
※写真はイメージ

引っ越しをする際、避けては通れない作業の1つ、荷造り。

コップ類のような割れ物を梱包する時は、特に気を遣う人が多いのではないでしょうか。

そんな時に役立つコツを、日本通運株式会社(以下、日本通運)が、自社のYouTubeチャンネルで公開しています。

「運んでいる最中に割れないか心配…」「大切にしたい物だから、丁寧に包みたい」という人にオススメですよ!

新聞紙でもOK!日本通運がコップ類の梱包方法を公開

動画はこちら

まずは、湯のみから。クレープ紙または新聞紙を広げ、中心に湯のみを寝かせて置きましょう。

手前側、底側の順で内側に折りたたみ、そのままクルクルと1周させて包みます。

後は、飲み口側の紙を、湯のみの中に折り込むだけ。あっという間にできました!

続いて、ティーカップやワイングラスなど、持ち手が細いものについてです。

ティーカップを包むため、長方形のクレープ紙を縦に折りたたみ、持ち手部分に巻いたら、テープで留めましょう。

別のクレープ紙を広げ、四方をカップの中に折り込んだら、梱包完了。

ワイングラスも、持ち手の位置が異なるだけで、要領は同じです。

特に割れやすそうな持ち手部分もしっかり包む、日本通運の梱包のコツは役に立ちそうですね!

引っ越しの予定がある人は、動画を参考にして、梱包してみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

NIPPON EXPRESSホールディングス 公式チャンネル

NIPPON EXPRESSホールディングス 公式チャンネル

  • チャンネル登録者数:1万7200人
  • 再生回数: 428万71回
関連ワード
引っ越し日本通運

この記事をシェアする