お風呂場のしつこい汚れに効く洗剤は? 森三中・大島美幸が掃除のプロに聞いてみた

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

浴室のゴムパッキン汚れの写真
※写真はイメージ

「いつの間にか、めちゃくちゃ汚れが付いている…!」

浴室でシャワーを浴びている時、ふと汚れに気付いたという経験はありませんか。

日常的に使っているからこそ、汚れが溜まりやすいので、早めに手を打たないと、しつこい汚れになってしまいます。

そんな浴室汚れの掃除方法について、お笑いトリオ『森三中』によるYouTubeチャンネル『森三中ube』が、動画を公開。

メンバーの大島美幸さんと、YouTubeチャンネル『おそうじダイアリー』の投稿者・ハタナカさんが、詳しく解説していますよ。

森三中・大島美幸、プロの浴室掃除にビックリ!

ハタナカさんによれば、浴室掃除は、天井から床に向かっておこなうのが基本だそう。

床をきれいにしてから天井を洗うと、汚れが落ちてきてしまう場合があるからです。

不要なものを片付けたら、掃除スタート!

天井の汚れには、フローリングモップが効果的

手が届きづらい、もしくは届かない天井を洗う時はフローリングモップを使うといいのだとか。

100円ショップなどで手に入るマイクロファイバータオルを水に濡らして、フローリングモップに取り付けます。

後は、天井の端から順番に拭き取ればOKです。

細かい繊維が、汚れをよく絡めとってくれるだけでなく、スポンジよりも液が垂れづらいというメリットも!

なお、天井にカビが生えている場合は、塩素系洗剤をタオルに吹きかけてから使うといいそうです。

しつこい汚れになる前に!壁・床はこまめに掃除

続いては、壁全般の汚れについて。

大島さんが気になるのは、タイルの溝付近にある白い汚れ。「何回取っても出てくるんですよ」と、困っているのだとか。

ハタナカさんによると、この汚れは洗剤が垂れた跡だといいます。シャンプーボトルの下に現れる、ぬめりと同じです。

「水垢や皮脂の汚れなど、身体を洗う場所はさまざまなタイプの汚れが重なりやすい」という、ハタナカさん。

そのため、洗剤やシャンプーなどを使った後は壁や床を洗い流すなどして、毎回掃除するようにしましょう。

カビ取りに登場したのは『キッチン泡ハイター』!

壁や床の汚れは、カビなどの微生物が原因。そこで、ハタナカさんが使うのは、花王株式会社の『キッチン泡ハイター』です。

ゴーグルや手袋などを装着し、汚れている部分に吹きかけて、待つこと10分。かなりきれいになりました!

大島さんの自宅の浴室は、よく手入れがされていたため、汚れの程度が浅かったようです。

ハタナカさんいわく「汚れがひどい場合は、汚れを削ったり、酸性洗剤を使ったりこともある」とのこと。

こまめな掃除が大切なので、入浴時のルーティンに組み込むとよさそうですね。

動画では、浴室の汚れや洗い方について、より詳しく解説されています。これから掃除をしようと考えている人は、参考にしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

森三中ube

森三中ube

  • チャンネル登録者数:29万5000人
  • 再生回数: 7754万4560回
関連ワード
森三中

この記事をシェアする