「糖度がこんなに上がるとは」「嬉しい情報」 自宅で干し芋が作れる!?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

みなさんは、サツマイモをどのようにして食べますか。

焼き芋、大学芋、サツマイモご飯、スイートポテトなどさまざまな楽しみ方がありますよね。

GLUGLUが紹介するのは、干し芋の作り方です。紹介してくれるのは、干し芋農家のYouTubeチャンネル『富士おおとみファーム』。

なんでも、蒸すだけで糖度が2.7倍もアップするといいます。甘さが引き立つサツマイモの蒸し方、そして自宅でできる干し芋の作り方を学びましょう!

炊飯器に水を入れますが、サツマイモは濡れないように小皿の上にのせます。

蒸気だけでじっくり蒸すことによって、栄養素が逃げずに甘味を引き出せるのだとか。そうして蒸したサツマイモは、蒸す前に比べて糖度が2.7倍もアップしていました。

厚さ5㎜ほどに切って5日間ほど干せば、甘い干し芋が完成です。

干している間、湿度の高いくもりや雨の日は、室内干しにしてもいいとのこと。

しかし、湿気がこもるとカビが生えたり、色が変わってしまったりするため、室内の湿度は調整が必要そうです。

【ネットの声】

・糖度がこんなに上がるとは驚き!

・干し芋が大好きだから、これは嬉しい情報です。

・簡単に自宅で作れるなんていいですね。

作った干し芋を保存する時は、1枚ずつラップに包んで冷蔵保存すると乾燥や雑菌の侵入を防げるといいます。

冷蔵保存の場合は10日ほど、長期保存したい場合はストックバッグに入れて冷凍すれば3か月ほど持つそうですが、なるべく早めに食べましょう。

サツマイモがたくさん手に入ったら、自家製干し芋で味の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

富士おおとみファーム

富士おおとみファーム

  • チャンネル登録者数:6230人
  • 再生回数: 138万6912回

この記事をシェアする