苦手なボレーを克服! テニスの試合にも使えるボレーのコツとは

テニス By - GLUGLU編集部 更新:

幅広い年齢に愛されるスポーツである、テニス。男女関係なく一緒にできるスポーツなので、家族や友達同士で一緒に遊ぶこともできます。

日本テニス協会によると、2017・2018年時点で、日本のテニス人口は推計343万人なのだとか。

テニスをしている人、これから始めようとしている人にオススメのYouTubeチャンネルが『ぬいさんぽ/NUI-SANPO』です。

上級者~初心者向けのコンテンツが充実していますよ。

こちらは、スピンのかけ方を紹介。スピンをかけるとネットミスが減るのですが、フォームが崩れることもあるので、動画を見て注意点をチェックしてみてくださいね。

いい例と、悪い例を並べて見るとよく分かりますね。テニスのレベルに関係なく、タメになる内容です。

縦に長い円を描くようなイメージで練習をしてみましょう!

続いては、ボレーの打ち方のコツを紹介している動画です。試合で重要となってくるボレー。苦手な人は要チェックですよ!

初心者だと、ボレーが苦手で厚い当たりができない人も多いでしょう。

動画で紹介されているように、ボールの内側をラケットで抜くイメージでボレーをしてみてくださいね。試合中、状況に応じてボレーを使い分けてみましょう。

試合では、サーブはミスができない大事な場面。

チャンスは2回ということもあり、手に汗握る人もいるでしょう。サーブをする時のトスについて解説している動画もありますよ。

トスの位置が重要となるサーブ。

ボールが頭の真上、左のつま先が落下点になるような位置に上げるといいそうです。

サーブには、フラット、スピンなどの種類がありますが、どれも基本的にはトスの位置は変わりません。

サーブで失点するのは避けたいですよね。きれいなサーブが決まるよう、動画を参考に練習を重ねてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ぬいさんぽ/NUI-SANPO

ぬいさんぽ/NUI-SANPO

  • チャンネル登録者数:7万400人
  • 再生回数: 2348万4769回

この記事をシェアする