指先の絆創膏って、すぐ取れちゃう… 東京都がすすめる『はがれにくい方法』でスッキリ解決!

ライフハック By - エニママ 更新:

指先をよくケガする筆者。傷が治るまで絆創膏を貼ってしのぐのですが、日々の手洗いや家事でポロッと取れてしまうことがよくあります。

取れるたびに新しく貼り直していたので、日頃からたくさんの絆創膏を使っていました。

出先で取れてしまうこともよくあり、予備の絆創膏を持っていないと傷口がむき出しになってしまうことも…。

そこで、「絆創膏が簡単に取れない方法はないかな」と探していたところ、東京都が発信しているYouTubeチャンネル『東京都 Tokyo Metropolitan Government』が、はがれにくい、絆創膏の貼り方を紹介していました!

防災のヒントとして紹介されていますが、日常生活でも役立ちそうですね。早速、筆者も動画を参考に試してみました。

まず、画像のようにガーゼの部分を切らない程度に、しっかりと切り込みを入れます。

切り込みを入れたら、ガーゼ部分に傷口を当て、それぞれの切れ目でクロスを作るように貼り付けていきます。この時、きつく締めすぎるとうっ血してしまうので注意してください。

思っていた以上に、ピッタリと貼ることができますよ!

簡単に外れないので、とてもよい貼り方なのですが、その分はがす時は少し苦労しました。

とはいえ、この方法で絆創膏を貼ると、いつもよりぴっちりと傷を覆うことができます。フィット感があり、指先を動かす作業がしやすくなったのは事実です。

指先をケガをした時には、ぜひこの方法を試してみてください!


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

チャンネル情報

東京都 Tokyo Metropolitan Government

東京都 Tokyo Metropolitan Government

  • チャンネル登録者数:17万7000人
  • 再生回数: 9756万7664回
関連ワード
防災

この記事をシェアする