『コーヒーかす』捨ててない?実は… 「なんて有能」「早速マネする!」

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

おうち時間が増えたことによって、仕事の合間や休憩タイムに家でコーヒーを淹れる人も多いかもしれません。

ところで、コーヒーを淹れた後に残る『コーヒーかす』は、どうしていますか。そのまま捨ててしまう人も多いでしょう。実は、『コーヒーかす』にはいろいろな使い道があるのです!

ハウスクリーニングなどでおなじみの、くらしのマーケットが公開している公式YouTubeチャンネルでは、『コーヒーかす』の意外な再利用術を紹介しています。

動画はこちら

まだ捨てないで!『コーヒーかす』の活用方法

まず下準備として、『コーヒーかす』を天日干ししてしっかり乾燥させます。水分が残っているとカビが生えやすいので注意しましょう。

※写真はイメージ

コーヒーかすを消臭・脱臭に活用

1つ目の活用法は、消臭・脱臭アイテムです。コーヒー豆は焙煎することで表面に無数の小さな穴ができるとか。その穴が臭いの元を吸収してくれるそうですよ!

乾燥させた『コーヒーかす』を瓶やお茶パックなどに入れて、靴箱や玄関に置いておけば、こもったイヤな臭いがすっきりしそうですね。

ゴミ箱に直接振りかけるのもおすすめです。特にアンモニアの脱臭効果が高いそうなので、オムツ用のゴミ箱に大活躍しますよ。

ほかにも、灰皿や魚焼きグリルなどの消臭にも使えるといいます。

コーヒーかすを防虫対策に活用

防虫対策にも使える『コーヒーかす』。

特にナメクジにとっては、カフェインが有害物質だといわれていて、ジメジメした場所に『コーヒーかす』をまいておくと効果的だとか。

また、猫も『コーヒーかす』の臭いが苦手だといいます。

コーヒーかすを洗剤として活用

『コーヒーかす』には、洗剤として活躍してくれる一面も。

ガラス製の食器を洗う際に、『コーヒーかす』を少し入れて振り洗いすると、汚れが取りやすくなるそうです。

『コーヒーかす』を付けたスポンジで、油まみれのフライパンを洗うと、油汚れが落ちやすくなりますよ。とってもエコで経済的ですよね!

これらのほかにも、お風呂の入浴剤や、インテリアなど、さまざまな活用法がある『コーヒーかす』。「今まで捨てていたのがもったいない!」と思ったのではないでしょうか。

動画を参考に、乾燥させた『コーヒーかす』を家に常備してみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

くらしのマーケット

くらしのマーケット

  • チャンネル登録者数:2万5900人
  • 再生回数: 2505万8083回
関連ワード
くらしのマーケット

この記事をシェアする