ザルを洗う時は、スポンジではなく… 意外と知らない『正しい洗い方』がためになる

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

ザルを洗う写真
※写真はイメージ

暮らしにまつわるさまざまなライフハックを発信している、YouTubeチャンネル『くらしのマーケット』。

GLUGLUもこれまでに、キッチン周りで役立つ動画などを紹介してきました。

今回は、そんなキッチンで使うことの多い、ザルの正しい洗い方を紹介します。

野菜を洗ったり、お米を研いだりする時に使うザルですが、網目があって洗いにくいですよね。

網目に汚れが残りやすく、そのままにしていると、雑菌が繁殖してしまう恐れも…。以下の動画で、一緒に正しい洗い方を確認してみましょう!

動画はこちら

意外と知らない! ザルの正しい洗い方とは

ザルを洗う時、網目の汚れが気になるからといって、熱湯で洗い流していませんか。

実は、お湯の温度が高いほどタンパク質は硬くなってしまい、汚れがザルにこびり付きやすくなってしまうといいます。

ザルを洗い流す時には、基本的に流水を使ってきれいにしましょう。

網目に付いた食材のカスを落とす場合、食器用スポンジではなく、たわしを使用することで、奥からかき出すことができますよ。

酸性のしつこい油汚れを落とす際は、重曹が活躍します。

鍋などザルが収まる大きさの容器に、重曹大さじ2杯とぬるま湯を入れ、ザルを1時間ほど漬けておいてください。

漬けておくことで、詰まった汚れが落ちやすくなるので、後は歯ブラシやたわしなどでこすればOK。最後に、しっかりと流水で洗い流せば完了です。

後半では、株式会社花王が販売している『キッチンハイター』を使う時に、注意すべきポイントを解説していますよ。意外と知らないNG行為もあるので、チェックしておいてくださいね。

正しい掃除方法を身につけて、清潔なザルで料理をするように心掛けましょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

くらしのマーケット

くらしのマーケット

  • チャンネル登録者数:2万5900人
  • 再生回数: 2504万8519回
関連ワード
くらしのマーケット

この記事をシェアする