ドライヤーの前に髪とかしてる? 美容師が教える、やってはいけない髪の乾かし方とは

美容・ファッション By - GLUGLU編集部 更新:

美容師の、こやゆうさんこと、小山雄也さんのYouTubeチャンネル『美髪アドバイザー小山【こやゆう】熊本美髪専門美容師』。

髪に関する知識を、クスッと笑えるようなユーモアを交えて配信しています。

やってはいけない髪の乾かし方

髪を乾かす時、ドライヤーを使う人が多いでしょう。

髪が長いと、ドライヤーの時間も長くなりおっくうですよね。ドライヤーを使わずに自然に乾くのを待つ人もいるかもしれませんが、髪にはよくありません。

動画では、絶対にやってはいけないドライヤーでの乾かし方と、逆にいい乾かし方を紹介しています。

水滴が垂れてくるほど髪が濡れている状態でドライヤーを使うのはNG。ドライヤーを使う時間が長くなり、髪が傷んでしまうため、しっかりタオルで水気を拭き取りましょう。

また、ドライヤーの前には、目の粗いくしで髪をとかして乾かしたほうがいいそうです。

いい方法として紹介されたのは、髪を優しく絞り、頭皮を拭き、ポンポン抑えるように拭くなどのやり方。

乾かす時は、ドライヤーを持っていないほうの手で髪を内側に軽く引っ張ると、まとまるそうです。

ところで、動画の細かいところにクスッと笑えるポイントが隠されていることに気付きましたか。

こやゆうさんの持っているアイテムが変わったり、「髪が溶ける」と漢字が違ったり、1100円の品が約1100万円と書かれていたり…。

コメント欄では、「髪に関する知識が役立つ」という声がある一方で、ツッコミの声もたくさん上がっていました。

そんなツッコミポイントを気にしながら、ほかの動画も見てみてくださいね。

絶対にやってはいけないヘアオイルの使い方

髪にうるおいを与えてくれるヘアオイル。しかし、使い方を間違えるとべたべたになってしまいます。

正しい使い方をマスターしましょう!

ヘアオイルを根元からつけたり、髪の表面だけにつけたりするのはNG。もちろん、つけすぎもよくありませんよ。

ショートヘアは1~2滴、セミロングは2~3滴、ロングは3~4滴がいいそうです。

また、ダメージが気になる時は、ヘアオイルを使ったオイルパックをするといいのだとか。

オイルパックの詳しい手順は動画で確認してくださいね。

こやゆうさんの動画を参考に、ツヤツヤの美しい髪を目指しましょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

美髪アドバイザー小山【こやゆう】熊本美髪専門美容師

美髪アドバイザー小山【こやゆう】熊本美髪専門美容師

  • チャンネル登録者数:15万2000人
  • 再生回数: 1億4609万874回

この記事をシェアする