ツナ缶のオイルにはうま味がたっぷり! 捨てないで有効活用できる料理を、ロバート馬場が紹介

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

長期保存できて料理に使いやすいツナ缶。

ツナ缶のオイルをいつも捨ててしまっていませんか。オイルには、ツナの栄養素も溶け出しているのだとか。

そんなツナ缶のオイルを有効活用できる料理を、人気お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さんが紹介しています。

ツナ缶のオイルを有効活用する方法

ツナ缶のオイルを使って作るのは、ペペロンチーノ。オイルだけでなく、もちろんツナも具材として使いますよ!

「パスタをゆでる時は、塩を入れるとソースが絡みやすい」という馬場さん。

パスタをゆでている間に、ツナ缶のオイルでニンニクを炒めます。

辛いのが得意な人は鷹の爪を早めに入れて炒めておくといいでしょう。反対に辛いのが苦手な人は、後半に入れるといいそうです。

また、鷹の爪がない時は、一味唐辛子でもOKだといいます。

ツナ缶に使われる油は、大豆油が多いのだとか。摂取しすぎなければ、身体にもいいといわれている油です。

ここにツナの栄養素も溶け出しているので、使わないのはもったいないですよね。

※写真はイメージ

麺がゆで上がったら、水気を切らずに、ニンニクを炒めておいたフライパンに直接入れます。

ツナも入れたら、空いたツナ缶にゆで汁を入れて、残ったうま味もソースに!

汁が少ない状態で仕上げるとパサつくため、ゆで汁を入れて調整するといいそうです。

馬場さんは、「仕上げにエキストラバージンオリーブオイルをかけてもいいかも」と話します。動画では、黒コショウをかけて味変も楽しんでいましたね。

馬場さんいわく、「賞味期限が近いほど、中に旨味が溶け込んでおいしい」のだとか。

缶詰の整理をして、賞味期限の近いツナ缶があったら試してみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億603万639回
関連ワード
ツナ缶ロバート馬場裕之

この記事をシェアする