花を生ける時に意識したい3つのポイントは? スマホで撮る時のコツも…

園芸 By - GLUGLU編集部 更新:

草花や枝葉を使って、美しいアートを生み出す『生け花』。

生けた花は、まるで自然が生み出した芸術品のようで、多くの人を魅了します。

華道家の宮本理城さんのYouTubeチャンネル『RIJO 生け花チャンネル』を見れば、生け花の素晴らしさが分かるでしょう。

生け花をやっていてよかったこと

宮本さんは2歳から、『古流東洋会』の創流者で祖母の服部理春さん、二世家元である母親の宮本理峰さんから華道の手ほどきを受けたといいます。

2009年には『古流東洋会水墨花点前』の副家元に就任しました。

そんな宮本さんが、生け花を習慣にしてよかったと思うことは、どんなことなのでしょうか。ランキング形式にして発表しています。

第2~5位に、生活が潤うことや、正しい所作、礼儀作法が身に付くことを挙げた宮本さん。

また、資格が取れることも生け花を習うメリットだといいます。

1回の稽古で1作品でき、レッスンは1回完結型です。そのため、ほかの習いごとに比べて短期間で、ある程度のレベルに達することができるのだとか。

月に3回ほど通えば、3~4年で師範の資格を取れるそうです。

宮本さんが1位に選んだのは、どのようなことなのでしょうか。動画の最後までチェックしてみてくださいね。

花を生ける時の3つのポイント

生け花をやってみようと思っても、教室を探して通うのはまだハードルが高いと思う人もいるかもしれません。

そんな人は、まずこちらの動画を見て生け花の基本を学んでみるのはいかがでしょうか。

動画では3つのポイントを紹介しています。

まずは、美しい線を作ること。花で埋め尽くすのではなく、線の美しさが重要だといいます。

生け花でいう、『きれいな線』とは、自然な曲線のことを指すそうです。また、長さをそろえず、左右対称にしないことも大切だといいます。

2つ目のポイントは、花は傾けて立体的にすること。奥行きを作るようにするといいそうです。

3つ目のポイントを押さえると、これまでポイントを意識して生けた花が1本の根っこから出ているように見た目が締まりますよ。

ぜひ、動画を見て3つのポイントを参考にしてみてください。

花の写真を、スマホできれいに撮る方法

せっかく花を生けたら、写真を撮っておきたいですよね。

こちらの動画では、写真を撮る時のコツや、おすすめアプリを紹介しています。

まず写真を撮る時は、背景がごちゃついていないところに作品を置きましょう。

花材の色と背景の色が同化しないように注意してくださいね。

花器の口と作品の高さの真ん中あたりにスマホを合わせて撮影。接写と全体像の撮影をセットにしてもいいかもしれません。

宮本さんは『VSCO』というアプリを使っているそうです。

花と自分で映る時、花の真横に座るといいのだとか。おまけで、写真を撮る時のポーズも紹介していました。

「花をめでているいい人そうに見える」というポーズとは一体…。

写真を撮る時は、マネしてみてはいかがでしょうか。

宮本さんが、YouTubeで発信しようと思ったきっかけを聞いてみました。

『RIJO 生け花チャンネル』宮本理城さんのアイコン
宮本理城さん

コロナ禍で教室が休講になり、生徒さんへの予習・復習動画として始めました。

そして、海外の方へ生け花文化の発信をしたいと思ったのがきっかけです。

サブチャンネルでは英語版、中国語版があるといいます。

続いて1年を通して花に『買い時』というものは存在するのか聞いてみると…。

『RIJO 生け花チャンネル』宮本理城さんのアイコン
宮本理城さん

時季で安くなるようなことはないですが、市場の開催日である、月曜日、水曜日、金曜日の夕方頃に新鮮なお花が並ぶ花屋さんが多いです。

新鮮な花を買いたい時は、曜日も意識してみたいですね!

ディレクターさんによると、サムネイルや、動画にする企画は基本的には、ハウツーなのか、ルーティーンなのかなどざっくりとした切り口を決めているそうです。

『RIJO 生け花チャンネル』宮本理城さんのアイコン
ディレクターさん

決めた切り口ですでに成功している動画を探します。

それらの動画のサムネワード、レイアウトを踏襲してサムネイルのイメージ決めてから、動画の内容を決めていく流れです。王道的なYoutubeの作成方法になります。

生け花や『RIJO 生け花チャンネル』に興味は沸いたでしょうか。季節ごとの花を楽しめる生け花を趣味にしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

RIJO 生け花チャンネル

RIJO 生け花チャンネル

  • チャンネル登録者数:9640人
  • 再生回数: 145万6570回
関連ワード
Pickupクリエイター

この記事をシェアする