毛布の重さで温かさが変わる? 布団に入って5分後、検証結果にプロがビックリ!

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『ふとんのタカハシチャンネル』の動画サムネイル

寒い季節には手放せなくなる、毛布。一度ぬくぬくし始めると、なかなか抜け出せなくなってしまいますよね。

そんな毛布は、ズッシリとした重みがあればあるほど、身体が温まりそうなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

株式会社高橋ふとん店のYouTubeチャンネル『ふとんのタカハシチャンネル』では、同社の坂本さんによる検証動画が公開されています。

重みで温かさが変わる!?毛布の中の温度を調べてみた

今回用意したのは、重量2kg以下の一般的な毛布と、3kgを超えるボリュームタイプの毛布。

同じベッドに坂本さんが寝て、毛布を被ってすぐの時点と、それから5分が経過した時点の2回に分けて、毛布の中の温度を計測します。

「重たい毛布のほうが温かいとは聞いていたけど、実際に測ったことは今までなかった」という、坂本さん。

毛布の中の温度は、室内の温度や湿度、そして寝る人の体温などによって変化するため、今回は条件が同じになるよう、坂本さんが実験者となり、同じ部屋とベッドで検証します。

まずは「持つとズッシリとした重みがある」という、ボリュームタイプからスタート。

寝た瞬間はヒヤッとしたものの、時間の経過とともに温かさが感じられるようになったそうです。

検証の結果、ボリュームタイプの毛布では、5分間で23.9℃から30℃まで上昇しました!

続いて、2kg以下の一般的な毛布で検証します。ボリュームタイプに比べると動きやすいものの、体感温度は高くないのだとか。果たして、計測結果はいかに…!

なお、同チャンネルでは材質による使い心地の違いについても解説しています。気になる人はこちらの記事もチェックしてみてください。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ふとんのタカハシチャンネル

ふとんのタカハシチャンネル

  • チャンネル登録者数:249人
  • 再生回数: 17万9498回
関連ワード
検証企画

この記事をシェアする