25歳で700万貯めた女性が『冬の節約ワザ』を紹介 「やってみる」「効果ありそう」

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『節約お姉さんういうい』のういういさんの写真

冬は、ほかの季節と比べて光熱費が高額になりがちですよね。

YouTubeチャンネル『節約お姉さんういうい』で、冬の光熱費を節約する方法を7つ紹介しています。

光熱費を節約する7つのワザとは?

月の手取りが20万円とボーナスなしの状態で、1年間で160万円を貯金したという、ういういさん。どんな節約術を使って、貯金したのでしょうか。

まずは、防寒グッズを利用することです。寒くなったらすぐに暖房をつけるのではなく、自分自身を暖めることから始めてみましょう。

紹介したのは、足を温めるルームブーツです。ういういさんは「寒さは足先から来る」といい、特に足首をしっかりと温めることを推奨しています。

また、光熱費を減らす方法として、IHを導入することもオススメなのだとか。プロパンガスよりも光熱費を抑えられる上に、夏場の調理時も暑くなりにくく、掃除がしやすいのもいいですね。

続いて、ケトルの活用も節約につながるそうです。ういういさんいわく「鍋の水をガスやIHで沸かすよりも、ケトルで沸騰させたお湯を入れるほうが節約や時短になる」とのこと。

もちろん、暖房の使用を我慢するなど、節約ばかりを重視した結果、体調を崩すことがあってはいけません。

ういういさんも、最後には「それでも寒かったら暖房をつけましょう」と話しています。ただ、暖房をつける際も、ひと工夫あるようです。

その方法は、ぜひ動画内で確認してみてください!

【ネットの声】

・足元を暖めるのは、本当に効果がありますね!

・この動画を見て、ケトルを買い直そうと思いました。

・これで、冬の暖房の出番が少なくてすみそうです。

ほかにも、さまざまな方法を紹介している、ういういさん。2023年12月時点で、今シーズンは一度も暖房を使用していないといいます。

これからの暮らしに取り入れると、かなりの節約になりそうですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

節約お姉さんういうい

節約お姉さんういうい

  • チャンネル登録者数:8万2300人
  • 再生回数: 1222万3399回
関連ワード
節約

この記事をシェアする