ニットのお手入れ、それでOK? 伸びたり縮んだりした時の復活方法も…

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

ニットの写真
※写真はイメージ

さまざまなファッションアイテムを販売している、ファストファッションブランド『ユニクロ』。

あなたも『ユニクロ』のアイテムを、何か持っているのではないでしょうか。

そんな『ユニクロ』が自社のYouTubeチャンネルで、ニットのお手入れ方法を紹介しています。

ユニクロが解説する、正しいニットの手洗い方法

ニットは、冬の必需品ですが、伸びたり縮んだりしやすいので、お手入れが厄介ですよね。

洗濯表示に、『手洗いができる』を意味した手洗いマークがある時は、洗濯機ではなく手洗いをするといいでしょう。

『ユニクロ』が紹介した、正しいニットの手洗い方法を見て、お手入れをしてみませんか。

動画はこちら

まずは洗濯表示を確認しましょう。これまで洗濯機で洗っていた物も、実は洗濯表示に『手洗いマーク』が付いていたかもしれません。

手洗いをする時は、中性洗剤を薄めた洗濯液に、ニットを軽く畳んだ状態で浸します。

気になるところがあったら、もみ洗いなどをし、上から優しく押して洗濯液が全体に浸かるように何度か洗いましょう。

すすいで洗剤がきれいになったら、柔軟剤を入れて全体になじませます。

軽く畳み、目の細かい洗濯ネットに入れてください。洗濯ネットが大きすぎると、脱水中に片寄ってしまうのでサイズ選びに要注意です。

干す時は、縮みやすい袖口や首回りなどを優しく整えます。全体を軽く伸ばすとシワが少なくなるそうですよ!

ニットを干す時は、平干しネットがあると便利です。もし、平干しネットがない時は、バスタオルの上に広げると乾かすことができます。

乾いたら、アイロンでニットの表面すれすれに、スチームを当てるとふんわり感が戻るのだとか。

長年使っていて、ふんわり感が失われたニットがあったら試してみてくださいね。

洗濯をしていると、ニットが縮んでしまうこともあるでしょう。その時は、あて布をしながらアイロンで伸ばすと元の形に近付くそうです。

一方で、ニットが伸びてしまった時は、編地を寄せてスチームを当てると形が整うといいます。

間違った方法で服にダメージを与えないように、動画を見ながら、実践してみてくださいね。

動画では、毛羽立ちや毛玉が発生しやすいニットのお手入れ方法も紹介しています。

冬の洗濯に役立つこと間違いなし!一度チェックして、正しい方法で洋服を洗ってみましょう。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

UNIQLO ユニクロ

UNIQLO ユニクロ

  • チャンネル登録者数:10万3000人
  • 再生回数: 8557万3325回
関連ワード
ユニクロ

この記事をシェアする