捨てちゃうなんて、もったいない! タイツ・ニットに穴が空いた時はこう直す

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『ラムールソーイングクラブ』の動画サムネイル

よく使うタイツに、小さな穴が!

「たったこれだけの穴で、捨てちゃうのはもったいないな…」と思っているあなたに、ピッタリな動画があります。

大阪府大阪市で洋裁教室を開いている『L’amour Eternel(ラムール・エテルネル)』のYouTubeチャンネルに投稿された動画を見ていきましょう。

ニットにも応用可能! 穴が空いたタイツの補修方法

動画では、穴が空いてしまったタイツの補修方法を解説しています。ちなみに、この修繕方法は、ニットに応用できる場合もあるのだとか。

使用するのは、セロハンテープの芯と不要になった紙、そして針と糸です。

実際に縫っている様子だけでなく、図解も表示されているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

はじめに、穴が空いた部分にセロハンテープの芯をはめ、芯の輪の中に不要になった紙をくしゃくしゃにして入れましょう。

こうすれば、穴が空いていないほうの生地を誤って取ってしまうのを防ぐことができます。

続いて、穴に対して横に縫っていきます。必ずしも真横に縫う必要はなく、斜めになってもOKとのこと。

穴の上部まで達したら、同じ要領で下まで再び縫います。最後は少し、なみ縫いをしておきましょう。

次は、生地の織り目に合わせてチェーンステッチを行います。

チェーンステッチはその名の通り、糸で輪を作り、その輪に針を通し、再び輪を作ってつなげていく縫い方です。

この方法で、横に通した糸を隠すようにして、チェーンステッチで縫い合わせていきましょう。

ひと通り縫ったら、裏地で玉結びをして完成!動画では、生地とは別の色の糸で縫った場合と、同色の糸の場合を両方紹介しています。

ちょっとした穴に困っている人は、試してみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ラムールソーイングクラブ

ラムールソーイングクラブ

  • チャンネル登録者数:1万6000人
  • 再生回数: 261万6058回

この記事をシェアする