眠っているデザインペーパーがあったら作って! 実用的な蛇腹ファイルの作り方

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『sweet crafting』の写真

近年、100円ショップなどでも多く販売されている、かわいいデザインペーパー。

心をくすぐるようなデザインを見つけると、安価なこともあり手に取ってしまう人もいるでしょう。

ですが、購入してから「何に使おう…」と迷ったことはありませんか。

もし、お気に入りのデザインペーパーがあったら、YouTubeチャンネル『sweet crafting』の動画を見て、蛇腹ファイルを作るのがおすすめです!

デザインペーパーを賢く消費!

作ったのは、引き出す蛇腹ファイル。簡単なので紙物ビギナーさんにもおすすめだといいます。

付箋やメモ帳、シールなどを入れられる蛇腹ファイルは、細かいものをまとめておくのに便利です。ファイルに貼ってもかわいいですね。

大きめに作れば、いろいろと中に入れることができますよ!

折り紙を3枚、トレーシングペーパーを1枚用意してください。

折り紙は、1枚だけ違う柄にするのがおすすめだといいます。色違いでもいいでしょう。

アクセントとなる色や柄が違う1枚は、真ん中で折ってカットして使います。

先ほど切った折り紙と、切っていない折り紙1枚を、それぞれ半分に折ってください。折った2枚を、両面テープで平行に貼り付けます。

筒状になったら真ん中で折り、また両面テープで貼り付けましょう。これで、あっという間にファイルの2ポケットが完成しました。

この繰り返しで、もう1つ同じものを用意したら、くっつけて4ポケットにします。

色や柄が違う部分がアクセントになってオシャレですね。投稿者さんが作ったものはシンプルなデザインだったため、ラベルシールを追加していました。

カバーとなるトレーシングペーパーは、ポケットと同じ横幅でカットします。

中身が膨らんでも大丈夫なように、縦幅は2~3㎜多くとっておきましょう。

中身を取り出しやすいように、一部をパンチでくりぬいておくといいそうです。タブを付けるともっと中身が取り出しやすくなりますよ。

両面テープで貼り付け、筒状にしたらカバーの完成!あとはシールなどで好きにデコレーションをしましょう。

動画では、A4サイズの紙を使った、大きいタイプの蛇腹ファイルの作り方も紹介しています。

自分が持っているデザインペーパーを、誰かと交換したい時などに役立ちそうですね。ほかにも、大きめなメモ帳などを入れることができるでしょう。

活用できていないデザインペーパーがあったら、蛇腹ファイルにして使ってみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

sweet crafting

sweet crafting

  • チャンネル登録者数:1万8800人
  • 再生回数: 292万8614回

この記事をシェアする