歯ブラシ捨てないで! 裁縫の時に使う『アレ』を落とすのに、めちゃ便利!

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

裁縫をしていると、ちょっとしたモヤモヤが出てきませんか。

例えば、「2枚の布を縫おうとしたらズレてしまった」「左右間違えて接着芯を貼ってしまった…」など…。『裁縫あるある』の悩みかもしれません。

気を付けていても、失敗したことに気付くと「あ~…」とショックを受けますよね。そしてまた、最初からやり直しをしている人もいるでしょう。

あの日用品が裁縫に役立つ!

YouTubeチャンネル『Senjyu工房』では、洋裁用品ではなくても裁縫に役立つ日用品を紹介!

「知らなかった!」と思うアイディアもあるはずですよ。

まず最初に紹介したのは、紙やすりです。投稿者さんは#2000という極細目を使用していました。

荷物の梱包にも使うPPバンドも役立ちます。紙やすりとPPバンドは縫いずれ、縫い伸び、縫い縮み防止に役立つのだとか。

使い方は簡単です!細く切った紙やすりを、ミシンの押さえの下に入れて縫い進めていくだけ。

PPバンドでも同じように使えますが、投稿者さんは紙やすり派だといいます。

また、接着芯を貼り間違えてしまった時は、消毒用エタノールでキレイにはがせるそうです。

はがした接着芯は使いまわすことはできないので、新しいものを用意して今度は間違えないように貼り付けましょう。

裁縫で目印に使うチャコペン。書いた跡は水で溶けるようになっていますが、生地に広がって思わぬシミになることも…。

もしもの時のために、最初から水で落とすのではなく、歯ブラシを使って、払い落とすのがいいそうです。

歯ブラシは、ごしごしするのではなく、軽くはたくようにするのがコツ。うっすら残った部分を水を含ませたハギレでこすれば落ちるそうですよ!

これで裁縫の悩みも解決できるかもしれませんね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Senjyu工房

Senjyu工房

  • チャンネル登録者数:7万7500人
  • 再生回数: 1171万3157回
関連ワード
ハンドメイド

この記事をシェアする