新聞紙を詰めるのはNG? 濡れた革靴を乾かす正しい方法は…

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

革靴の写真

ビジネスシーンなどの、フォーマルな場面で着用する機会の多い、革靴。

高級感のある見た目が特徴的ですが、革を用いているため、水に濡れてしまった時には注意が必要です。

濡れたまま放置をしてしまうと、シミになったり、形が変わったりしてしまうことも…。

シューズやバッグなどのケア方法や、革のお手入れ方法などを発信している、YouTubeチャンネル『株式会社エス・アイザックス商会』。

同チャンネルでは、急な雨などで、革靴が濡れてしまった時の対処法を紹介しています。普段から、革靴を履く機会が多い人は要チェックですよ!

革靴が濡れてしまった時は、どうすればいい?

まず最初に、表面と内側の水分を拭き取りましょう

靴の表面に付いた水は、乾いた布やタオルなどを使って、きれいに拭き取ってください。

革靴の写真

※写真はイメージ

早く乾かしたいからといって、ドライヤーを使うのはNG。革が縮んでしまう恐れがあるため、使用するのは控えましょう。

革は浸透性が高いので、中まで水が染み込んでいる可能性があります。

内部の水を吸い取るためにも、キッチンペーパーを丸め、革靴の中に詰めるのをおすすめしていました。

家に余りがちな新聞紙も使えそうですが、靴の内部にインクがうつる場合があるため、キッチンペーパーを入れるようにしましょう。詰めた後は、およそひと晩ぐらいで内部が乾くそうです。

表面と内側の水分が取れたら、木製のシューキーパーを入れて、陰干しをしてください。

型崩れを防ぐのはもちろん、木製の物であれば、残った水分を吸収してニオイを抑えてくれますよ。

乾いた後にするべきこととは?

濡れた革は、乾く時に水分と一緒に油分も失ってしまいます。

そのため、乾いた後はしっかりとブラッシングをして汚れを落とし、乳化性のクリームを塗って、水分と油分を補給することが大事なのだとか。

後半では、乾いた後の詳しいお手入れ方法を紹介していますよ。気になった人は、動画で確認してみてくださいね。

お気に入りの革靴を、きれいに長持ちさせるためにも、覚えておいて損はないしょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

株式会社エス・アイザックス商会

株式会社エス・アイザックス商会

  • チャンネル登録者数:63人
  • 再生回数: 1万2153回

この記事をシェアする