節約のためには『○○運転』がいい? プロが教えるエアコン術に、驚きの声

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

エアコンの写真
※写真はイメージ

毎年、うだるような暑さが続く、日本の夏。

外出時には、ハンディファンや日傘など、暑さをしのぐアイテムが手放せなくなりますよね。

家にいる時は、エアコンを使用する人がほとんどでしょう。

ですが、ただ冷房のボタンをポチッと押すだけで終わっていませんか。実は、もっと効率のいい使い方があるそうですよ…。

覚えておきたい!猛暑を乗り切るための『エアコン術』6選

家電量販店『エディオン』のYouTubeチャンネルでは、販売員が、効率よく部屋を涼しくする『エアコン術』を6つ紹介しています。

どれも簡単にできて、すぐに試せるものばかり。

「なかなか部屋が涼しくならない…」と悩んでいる人は、参考にしてみてはいかがでしょうか!

効率よく涼しくするエアコン術1:風向きを調整する

冷たい空気は、低いところに溜まる性質があります。

冷房を付けた時に、風向きの設定を上向きにすることで、広範囲を冷やすことができるのだとか。

エアコンの写真

※写真はイメージ

また、扇風機やサーキュレーターをエアコンの下に置いて、同じ向きで風を送ると、温度のムラをへらすことができますよ。

効率よく涼しくするエアコン術2:湿度調整

同じ室温でも、湿度が低いほうが、涼しく快適に過ごすことができるのだとか。

睡眠時などは、除湿運転に切り替えて、湿度を50~60%ほどに保てるよう心がけましょう!

効率よく涼しくするエアコン術3:日差しを遮断すること

室内の熱は、窓から入り込むことが多いといいます。

カーテンやブラインドを設置して、窓から差し込む日差しを遮断するだけでも、部屋を涼しくさせる効果があるそうです。

効率よく涼しくするエアコン術4:こもった空気を逃がす

夏は、帰宅してからすぐにエアコンをつける人も多いでしょう。

窓の写真

※写真はイメージ

販売員いわく、窓を開け、換気をしてからエアコンをつけることで、素早く部屋を冷やすことができるとのこと。

効率よく涼しくするエアコン術5:自動運転の活用

エアコンは起動した直後に、多くの電力を使用します。

こまめにオンオフを繰り返すと、電気代も余計にかかってしまうため、自動運転にすることをおすすめしていました。

最後の6つ目は、多くの人が面倒だと感じているアレですよ。気になる人は、以下のボタンから動画をチェックしてみてくださいね。

効率よく室内の温度を下げることができれば、電気代の節約にもつながります。

エアコンを活用して、暑い夏を快適に過ごすためにも、覚えておいて損はないでしょう!

動画はこちら


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

エディオン[ 公式 ]

エディオン[ 公式 ]

  • チャンネル登録者数:1万500人
  • 再生回数: 6118万2733回
関連ワード
エディオン家電

この記事をシェアする